2012年10月17日

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語 / [後編] 永遠の物語

今月公開された「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」。第1週を「[前編] 始まりの物語」として、第2週を「[後編] 永遠の物語」として分割公開されました。
放映時間は、前編が2時間20分、後編が2時間(恐らく予告含む)。合計4時間以上となる大長編となりました。
・・・ただ、まぁね、クチの悪い映画評論家(●すぎでーす!とかK●Nちゃんとか・・・って何で映画評論家の人ってオカマっぽい人が多いんですかねぇ(苦笑)?)が見たら、「ただのテレビ版の総集編じゃないの!お金返しなさい!」と吠えられそうですが(汗)、過去にヤマト(宇宙戦艦ヤマト)やガンダムやイデオンやエヴァでやってきた轍(てつ)でもあるので・・・(笑)。


そういうわけで、今回の前後編はテレビ版の総集編(前編が1~8話、後編が9~12話)ではありますが、6時間ほどの作品が4時間ほどに短縮されたことで、余計な部分がカットされて、いい意味でのブラッシュアップが図られていると思いますね。もちろん構成やカット、アテレコの変更(録り直し)も行われているので、こちらもいい意味で新鮮ですね。
そして、編集が上手くまとまっているので、作品がスピーディーになって内容がよりわかりやすくなったと思います。それでいて印象的なシーンはきちんと残していますし
主題歌・挿入歌もいいですね。ものすごくしっくりくると言っていいでしょう。

お金を払って見た方がいいのかというと、正直難しいところではありますが、一気に見たいという人にはオススメ。また話の筋がわかっている人も、来年放映予定の新編に向けて、あらすじを見るという意味でも見ておいた方がいいと思いますし、テレビ版との差異を探す『間違い探し』的な楽しみもあるんじゃないかと思います。


ちなみに、109シネマズ系の映画館では、同作品とのコラボでポップコーンセットが販売中。私も欲しかったんですが、前後編ともTOHOシネマズ系の映画館になってしまったんだよ(泣)。ただ、TOHOシネマズ系の場合、朝一の上映(9時前までの上映)とレイトショー(20時以降の上映)は安くなると思うので、お値打ちに見ておきたい人は早く行くか遅めに行くかするといいでしょう席が取れないんじゃないかという人は、「vit」というTOHOシネマズで行っているインターネット予約がオススメです。席料がクレジット以外にドコモ・auのケータイ代と一緒に払えるシステムもあるので手軽ですよ。


このまどかネタはまだあるので、徐々に掘り下げていこうかと思います。


ISW11F_20121014_110351おまけ。
そのTOHOシネマズ系の映画館でコラボポップコーンを食えなかったので、近くにある某大手スーパーのフードコートにある四六時中(旧名:大大蛸蛸)で買って来た味噌たこ焼き。
これ、味噌が渋くなくてコクのある旨味と甘みがトロっとした中身といい塩梅になって美味しいです。意外に美味い。8個入りにすればよかったとちょっと後悔(爆)。


・・・ホントは、「おおかみこどもの雨と雪」のコラボポップコーンにするという手もなくはなかったが、さすがに見てないからアレだったわけで。
もし残ってたら、今週別の映画を見に行くので、そこで買ってやるぜ!<オマエ、ただでさえ浮く映画になりそうなのに、さらに浮いて見てられなくなるぞ(ギャハ)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:58│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック | 飲み食い系

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52304415

コメントする

名前
 
  絵文字