2012年12月11日

いきなり感はぬぐえない

レベルファイブが現在展開しているイナズマイレブンシリーズ。これまでに8作品が発売されています。近年アニメ化もされ、映画化もされております。ある意味現在のレベルファイブを支えるシリーズといってもいいでしょう。


そのイナズマイレブンシリーズが突如終了する可能性が出てきました
今回訴訟騒ぎに巻き込まれ、その訴訟相手がセガとのこと。

訴えによれば、セガが特許を取っているタッチパネルの移動などキャラクターを移動させる際の演出や処理が酷似しているとして2011年10月から9月にわたって交渉してきたとのこと。しかしながら双方妥協点が見出せず、セガ側が今年の10月に訴訟に踏み切ったとのことだそうです。賠償金額は過去8作の販売本数が300万本ほどになっていることを考慮し、約9億円が特許使用料として計算できるのではないかとのことで進めています。
セガ側は約1年交渉しているので突然訴訟を始めたというふうではないとしており、迎え撃つレベルファイブ側も争う姿勢を見せているものの、現状ではコメントを差し控えるということを読売新聞の取材陣に明かしています。


セガが水面下で交渉はしていたとはいえ、いきなり出てきた問題のように感じられてならないですね。それにタッチパネルの操作などの関連はどうしてもに通ってしまう点と特殊処理でない限りは一般代名詞化している面があるんじゃないかと思います。もし認められるとすれば、演出面や処理面なんでしょうね。
実際どの部分がセガの訴訟をしている部分と似ているのかというのは、比較映像などで確認しないとわからんわなぁ・・・。しかも素人目ではわからないとなると、裁判官も人の子の部分があるので、これを説明するのは容易じゃないぞ・・・。

ちなみに、この訴訟でセガが全面勝訴になった場合、シリーズソフトの廃棄・販売差し止めも賠償の中に入っているので、場合によっては、前述の通り、このシリーズが終了する可能性も秘めています。これはレベルファイブの運営を揺るがしかねない事態なので、レベルファイブが応戦するのもわかる話です。この作品のファンは小中学生あたりだと思うので、その子供達の夢を壊さないように配慮して頂きたいというのが本音です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:26│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52314042

コメントする

名前
 
  絵文字