2013年02月04日

レコゲー2013 2月 携帯ゲーム機編 前編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。今回は3DSとPS Vitaの作品を紹介していきます。


携帯ゲーム機で何と言ってもポイントになってくるのは、ニンテンドー3DSの「ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち」(★)のリメイク発売
これまでDSで発売したリメイク作品(Ⅳ~Ⅵ)も100万本以上の売り上げがあったことから、キラーコンテンツになることは間違いなく、Ⅶに至ってはPS版での売上本数が廉価版を含めてもⅨの本数に近い417万本ということから、100万本超えはほぼ確実と言ってもいいでしょう。ただ、相乗効果で売れる作品がないのが欠点と言えば欠点で、ドラクエⅦの独り勝ち・・・という事態も考えられます。
作品としては、石板を集めて世界の謎を解き復活させるのが大きな目的。今作では、これまであったシステムに加え、様々な追加要素があります。
まず一部2Dで製作されていた部分も3Dに変更され、完全3Dが実現モンスターもランダムエンカウントから最近の作品ではメインになっているシンボルエンカウントに変更されました。BGMも東京都交響楽団に変更になっています(BGMがオーケストラなのはPS2版ドラクエⅤ以来)。
すれちがい通信を活用したシステムも今作では採用されており、ふしぎな石版(トクベツな石版)をこのシステムによって交換できたり、移民の町の住民をこのシステムで移住させることもできます。また職業別で衣装が変更できるようにもなっているので、見た目も豪勢になりました(なお、モンスター職への転職の場合、モンスターの姿に)。
なお、モンスターパークというのがあり、仲間になりたそうなモンスターを連れて行って移住させることもできます
それ以外では、過去のあらすじを記録してくれていたり、探している石版をヒント文章と下画面のレーダー機能で追跡可能になったりと、かなり難しいとされる石版集めに関しては敷居が下げられているなと感じられますね。
完全新作と言ってもいいくらいに完璧になっているリメイク版ドラクエ。3DS初のリメイクということもあって、どのくらいの完成度になっているのかも楽しみなところです。

3DSからはもう一本、ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション
ドラゴンボールシリーズ(Z~GT)をベースにしたアーケードのカードゲームを3DSで展開したもの。ジャンルとしてはアドベンチャーになっています。
900枚以上のカードから5枚を選択しチーム登録を行い、ヒーローロボットと言われるサポートロボットをセットしバトルを開始するというのが基本的な流れになっています。
また3DSのカメラ機能を使って、自分の顔を取り込んで戦闘力をためることが可能(お金やアイテムがその都度もらえる)で、一定数たまると巨大ボスが出現し、特別なボーナスがもらえることも。このカメラ機能はアーケードの筐体から出てくるQRコードを読み取ることで特別なミッションが受けられるようにもなります
長い人気を持ったゲームなだけあって、大人から子供まで楽しめる作品になりそうです。


対してPS Vita、最初はサイレントヒル ブック オブ メモリーズ」(★)
今作はシリーズ初のRPGになっており、これまでのシリーズとも繋がりの薄い番外編的な扱いになっています。
シングルプレイとアドホック通信を介したマルチプレイができ、やり込み要素の豊富なものになっています。また、過去の作品で登場したクリーチャーが登場します
今作では、PS Vitaでの登場とあって、アナログスティック・十字キー以外にも背面タッチパネルによる操作も可能になっています。
これまでのシリーズを知っている人にはオススメな作品になっています。

続いては、「さくら荘のペットな彼女」(PS VitaPSP)(★)
現在放送中の深夜アニメから展開される作品。丁度放送がクライマックスに差し掛かってきたものの、発売延期になってしまったので放送中に出せるかなと思っていましたけど、ギリギリ間に合ったというふうですね。
ジャンルとしては、主人公のゲーム製作をシミュレートするパートと恋愛シミュレーションが組み合わさったもので前者はコンテスト優勝が目標となり、後者は意中の女子をお世話しながら落とすというのが目標になります。
この作品は、Live2Dを採用しており、アニメのイラストと同じようにキャラがよく動くようになっています。なお、ゲームでのオリジナルキャラも登場します。
現在発売中の映像メディアや小説とのコラボレーションも期待できるために、クライマックスの盛り上がり方によっては、大きく動く可能性もあります。

最後は、シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ RE:Incarnation」(★)
2012年に発売した「シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~」の本編と追加要素を組み合わせたもの。中には初回限定でしか手に入らないコンテンツや最新版を楽しむためのサービスバンドルチケットが入っているので、新規ユーザーはこちらを、既存ユーザーは追加要素部分のみが入っているダウンロードコンテンツを手に入れてもらうことをオススメします
ただし、この作品はオンライン専用タイトルなので、インターネット接続ができているのが必須条件になるので注意。


次回はPSPの作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:48│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52323503

コメントする

名前
 
  絵文字