2013年02月15日

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち その5

新しい石版が揃って、新し世界に飛ばされることになると思います。今回は少々遠いところに村があるようで、時計回りにぐるっと行った先にあります。今回の世界は大きな火山のふもとにあり、時折地震が起こってビックリする3人が描かれています。


この村はエンゴウといい、炎を祀っています。この村の村長や住民によれば、毎年火山の噴火が起こると思しき時期に「ほむら祭り」が行われるとのこと。
・・・ほ、ほむらちゃん!?<作品が違うだろう。
ところが、どうもほむら祭りが行われることに不穏な動きを持っている人がおり・・・当然3人もこの世界に向かう途中に、この世界の末路のようなものを見て嫌な予感をしているのですが、この村に住む占い師も同じような感覚に囚(とら)われていました。村長の話を伺って、一晩泊った後に井戸の前にいる占い師に聞くと、そんなようなことをのたまうのですが、村長達は聞く耳を持たずに、ほむら祭りの決行をすることになります。それでも占い師は策はないかと3人と共に動いてくれます。しかし祭りが始まらないと事が起こらないので、ここはタダで泊まれる宿に呼ばれていまいましょう


祭りの準備は着々と進み、いよいよ当日。村人達は祭りでやんややんやの状態。たけなわになって来たところで、火の山に向かう儀式が始まります。この儀式は村にある火をもらい、それを頭に乗せて火の山に向かい、火口に向かってその火を投げ入れるというもの


火の山の頂上に着いたら、儀式を行う村人達で戻れないので、先に進むしかありません。ところが、占い師に話しかければ回復ができるので、安心して先に向かいましょう
火の山そのものは基本的に一本道なので、迷うことはそうないはず。敵もそんなに強くはないものの、毒攻撃を持つバブルスライムだけには十分注意しましょう。特にどくけし草を揃えていない場合は真っ先に倒すこと。

一旦最下層まで降りて、そこから上まで登り、さらに火口に落ちてたどり着いたボス。このボスに関してはルカニも効くのですが、攻撃力が強いのでこまめに回復を。なお、ラリホーも効くケースがあるので、苦戦しそうならラリホーも併用していくといいのかも


倒せば、無事に終わる・・・かと思いきや、黒い炎が火口に浮かび大ピンチ。すると占い師がとある人物の持つ聖水がその炎を打ち消せるとのことなので、占い師の指示に従って思い当たる人物のところに向かいましょう。ええ、現代の世界にいるグータラオヤジですよ(爆)。

その人物から「すごい聖水」(笑)というアイテムをもらったら、再び火の山に。振りかけてやると一連の事件は解決し、祭りも無事に終わります。


祭りも終わると、現代の世界にもエンゴウが出現します。すぐに向かいたいところですが、すったもんだがあってキーファとマリベルが離脱することになります。一旦フィッシュベルの主人公の家に戻って、一晩過ごしましょう。
すると、翌日にはマリベルが仲間に戻り、船のあるフィッシュベル隣のほこらに行くとキーファが再度合流。これでエンゴウに向かえます。
エンゴウに着いたら、石板を探しておきましょう。それ以外は特にありません。


そこまで進めば、新しい世界に向かえるはずです。次回はその新しい世界を訪ねるところから始めましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52325281

コメントする

名前
 
  絵文字