2013年02月16日

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち その6

さて石版を当てはめ、新しい世界に向かった3人。今回はすぐそばに街が。しかし入ってみると・・・。石の中にいる!<だから作品が違う。
街の人々が石になってしまったことで、ヒントを得ようにもヒントが得られない。仕方ないので、街にある石になった人々をしらみつぶしに調べてみましょう。すると、街の奥におじいさんが・・・。事情を聞いてみると、街に降った雨のせいで石になったのだとのこと。街を復活させるためのアイテムをもらえますけれども、もうどうすることもできないと嘆くだけ。
ひとまずこれ以上策がないので、宿屋に泊りましょう。その日の晩に、主人公が目を覚まします。せっかくなのでもう一回りしてみましょう。

街を回ると、左上の家の石が光っているではないか。その石を調べてみると、この街で起こった惨劇の一片が垣間見えます。その一幕を見終えると、全てを語りきったかのように崩れてしまいます。しかしそのことで、今まで入れなかった家の中に入れるようになります
その家の中ではメモが見つかるはずです。そのメモを頼りに街の左下に行ってみると、目印と書かれた落書きが。その周辺を調べると、メモの書き主が書いた秘密基地が見つかります。

そのことを覚えておいて、翌日おじいさんの下に向かって、もらったアイテムの使い方を聞いておきましょう。そして、前の日に見つけた秘密基地に。この秘密基地は街一番の高台に繋がっている連絡通路になっており、そこに着いたらもらったアイテムを散布しましょう。結局のところ特に何も起こらないのですが、街の右下から階段が現れ、中から子供が出てきます。そうです、秘密基地の所在を書いた子供です。
その子供に話しかけ、おじいさんの下に連れて行きましょう。おじいさんは、子供を連れてこの悲劇を世界中に伝えると言って旅に出る決意を固めます。とりあえず、ここの街の悲劇は一応の終結を見たと言っていいでしょう。


では、現代ではどうなっているのか?世界地図を調べてみるとエスタード島の南に見覚えのある島が浮かんでいるではないですか。早速向かってみましょう。

中は何もなく、一人の女性がいるだけ。ここは移民の町ということで、新しい町に移り住む人を探してほしいとのこと。しかも、その移民希望の人達というのは、元モンスターとのことらしい


次回は移民の町を軽く説明していこうかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:46│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52325418

コメントする

名前
 
  絵文字