2013年02月22日

PS4キター!

昨日、かねてから出る出ると言われ続けていたPS4がやっと日の目を見ることになりました。とはいえ、今回の発表で出てきたのは、コントローラーである「DUALSHOCK 4」とモーションカメラである「PlayStation 4 Eye」のみでしたが(笑)。
描画処理能力としては、かなりすごいという言葉しか出てこない(爆)。PCでも高性能な部類なものをCPUに使っているようなので、これだけすごい描画力になっているのではないかとも。またPS Vita・スマートフォン・タブレットをセカンドスクリーンとして利用でき、リモートプレイ(その名の通りコントローラー代わりにするだけでなく、外出先での遠隔操作や他人がプレイしている作品の閲覧)にも利用できます。Wii Uをかなり意識したものになっているようです。

さらに、PS4向けクラウドサービスも用意されるとのこと。これは、以前作っていたPS3のCPUと今回のPS4のCPUが違うためPS3はIBM製というのをとあるところで伺ったのですが、そのIBMとの契約が切れたため、今回のPS4ではPS3との互換性を持てなくなった・・・ということだそうです。そのため、クラウドサービスの中でPS3の作品が遊べるようにするそうで。それだったらPS Storeからダウンロードできるようになればとか、今入っているPS3のハードディスクドライブから移行できるようにするとかできないのかしら?まぁ、そのあたりの詳細は発売前夜になればわかってくるということで置いておきましょう(苦笑)。

それ以外で本体の特色としては、プレイ中は録画しているという点。これはスーパープレイを繰り出せた際に、その場面をTwitter・FacebookやUSTREAMへ投稿できるようにするための措置だそうで。これも今回新しく導入されたシェア機能を生かすものになります。もちろん、ゲームプレイ中にチャットなどコミュニケーションが取れるようにも設計されています。そのため高出力のCPUが必要なのだと言えるわけです。


今回唯一実物が公開されていた「DUALSHOCK 4」と「PlayStation 4 Eye」。
「DUALSHOCK 4」については、PS3時代のコントローラーにあった6軸検出できるモーションセンサー・振動機能以外に、今機では前面にタッチパネルが導入されました。また今までのPSシリーズのコントローラーに導入されていたSTART・SELECTボタンが廃され、OPTION・SHAREに変わっていますOPTIONはこれまであったSTART・SELECTの代用とも言えるもので、SHAREはシェア機能を使うために利用されます。
これ以外では、3色のLEDが灯るライトバー・音声の入出力機能やヘッドセットマイクの付けられる端子が追加されています。

「PlayStation 4 Eye」は奥行対策として2つのカメラが設置されています。また立体撮影が可能になり、さらによりPS Moveの精度を上げられるようにもなっています。なお、「DUALSHOCK 4」のセンサーバーはこれで感知し、画面のプレイヤーの順番をカメラの前にいる人と同じように整理したりすることもできるらしい


今回PS4はかねてから言われていたネット配信のみではなくBlu-rayおよびDVDに対応しているとのことなので、恐らくBlu-rayでソフトが出るものと思われます。ということは、これもかねてから言われていたアクティベーションが行われる、つまり中古ソフトのプレイは不可という噂が本当になるのか否かという点が気にかかるところでした。この点に関しては、SCEサイドが否定。これまで通り、中古ソフト(友人同士の貸し借りのソフトも含め)プレイできるとのことだそうです。


気になる発売日は2013年年末で、価格はまだ噂段階なものの、4万円以上とのこと(今回の発表では価格はアナウンスされていない)


開発しやすいように配慮されている、ソーシャルゲームを意識したものになっていますが、まだまだ今回の発表では未知数なところが多いですね。ただ、映像美にこだわるだけなら、売れるのかというと厳しいのかもしれません敷居の低い開発だけでなく、ソーシャルゲームにはない据え置き機の奥深さが表現できるようになれば、もしかすると・・・という事態になるのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:41│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52326450

コメントする

名前
 
  絵文字