2013年03月05日

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち その12

今回のドラクエⅦは、パーティーに大きな転機が訪れると言っても過言ではないでしょう。


石版を利用してやって来た世界は、伝説の地を求め世界のあちこちを旅する人達に出会います。話を伺ってみると、どうもこの先に彼らの目指す伝説の地があるようです。
丁度新しい踊り子を決めていたところだったので、族長との話は遅くなりましたが、族長は主人公たち一行を歓迎してくれるとのこと。明日には伝説の地に着くということもあり、そのお祝いも兼ねて宴が繰り広げられます。そこでライラという新たな踊り子にキーファは一目惚れしたらしく、鼻の下が伸びっぱなしに(笑)。しかし、トゥーラ弾きのジャンがいい顔をしてくれません。というのも、ライラに惚れているのと恐らくライラの結婚相手になる可能性があったからだと思うからです。その想いはある出来事をきっかけに大きく変わるわけですが・・・。

グレイブと言われる酒が振舞われ、夢見心地に入った一行に突然モンスターが襲いかかってきます。その襲来によってライラの父が負傷。ライラを守るためにキーファが残ると言いだします。仕方ないので、ここから先は3人で進むことになります


3人で進む際に注意したいのは、戦力が落ちているので、回復をこまめに進めること。レベルが低い時は、先に進むのと並行してレベル上げに勤しみましょう。ちなみにレベルは17前後(プラスマイナス1)あれば大丈夫かと。

伝説の地に向かう途中には洞窟があり、そこを抜ける必要がありますけれども、これといって特徴がないので、ガンガン先に進んでいきましょうその先には先発隊がテントを張ってくれていますので、そこにご厄介になります。


一泊すると、伝説の地である湖畔に向かいます。ここからはジャンが仲間になってくれるので、一時的ではありますが4人でのプレイになります。

湖畔に着くと、どうも古代文字の解読を間違えたらしく、湖に沈んだ神殿を恨めしそうに見つめている集落の人達が・・・。とりあえず、中に入って水を抜かなければならないとのことらしいので、先に進みましょう。

この湖の洞窟はそれなりに複雑。かつ途中には無限ループの場所もあるので、消耗戦に陥る場合があります
特に気を付けないといけないのは無限ループ。宝箱に引き寄せられて向かってしまうと、ハマってしまうので、おかしいなと思ったら、すぐに引き返すこと。あるいは宝箱のないところがルートとして正解なので、敢えて無視するという選択肢もアリです。
途中には石碑があり、そこに大地の鈴をはめ込むと、水が引いて神殿が現れるという仕掛けになっています。なお、この洞窟では主人公が古代文字を読めるという特殊能力を発揮し、主人公は一体何者なのかという謎が付加されることになります


水が引いて神殿が現れると、遅れてやってきたライラと父、そしてキーファがご登場。実は、まだ神殿の水が引いてもユバールの民が求めていたその時ではなかったのですが、ジャンは踊りを強行しますこの踊りのシーンは、PS版ではあまりのデキの悪さから「呪いのムービー」などと揶揄されていましたけれども、今回はゲーム画面と同様のグラフィックで落ち着かせたため、あまり違和感なく見られます

そしてこの後、みんなを欺いたとしてジャンが去ってしまいます。何と、ジャンも身体にあざを持つ人だったのです。ユバールの民の掟によれば、あざのある者同士の結婚はできないとのこと。族長でさえも知らなかったこの事実に皆が驚愕したのは言うまでもないでしょう。言葉にならずも残るように皆は思っていたのですが、ジャンは前述の通り、欺いたということで去ってしまうわけです。


再び最初に出会ったところに戻った一行。そこでキーファはこの世界に残ると言いだします。どうして残るかは具体的に述べていませんが、恐らくライラのことを守るために決意したのでしょう


悲しみをこらえ、現代の世界に戻った3人。もちろんグランエスタード城に行って王様に報告しないといけません。
王様の下に行って報告すると、あまりの話に悲しみに耐えられない状況に。
ガミガミと叱っていたものの、本当は好きなようにやってほしかった王様。その時にはと祝福のつもりで用意していた石版を3人に託してくれます。最後まで王様とキーファの心はわかりあえないままになってしまいました・・・。

ちなみに、現代のユバールの民がいたところ(最初のテントを張っていたところの手前)に行くと、発掘現場が現れます。その発掘現場には石版が手に入ります。1枚目はすぐ手に入るのですが、2枚目は男が通せんぼをしていて取れません。現状ではそこは無視してもいいです。ただ、この場所は何回も行くことになるので、場所は覚えておきましょう


次回は本格的に3人での旅になります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:41│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52328331

コメントする

名前
 
  絵文字