2013年03月10日

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち その15

さて、職業に就くことができるようになった主人公一行ですが、どれから始めればいいのか迷う人も多いかと思います。そこで今回は10の基本職を紹介していきたいと思います。


基本職は、その名の通り上級職に進むための基本的な職業のこと。ドラクエシリーズおなじみの職業もあれば、この作品でしか出てこない職業もあります。


基本職は、大きく分けて格闘系の職業と魔法系の職業、そして、これらに属しない職業になります。


格闘系の職業は、戦士・武闘家・船乗り・盗賊。このうち魔法が一切使えないのは戦士と武闘家になります。

戦士は攻撃力とHPが高くなりやすいので、パーティーの要になります。

武闘家はすばやさが高く、かいしんの一撃が出やすいので、速攻で敵を倒したい人にオススメです。なお、この武闘家が覚える「まわしげり」は1グループに攻撃できる格闘系の中ではコストパフォーマンスの高い特技早い段階で覚え、かつMPを消費しないだけでなく、効率的に敵にダメージを与えられるので、今作に限って言えば、戦士よりも格闘家に先に就職した方がいいです。

船乗りはHPと守備力の高くなりやすいので、こちらもパーティーの要になります。僧侶が覚えないキアリク(しびれを取る)や覚える段階は最後なので、使い勝手は少々悪いものの、MP消費0で敵全体に攻撃できる「いなずま」が結構使える呪文・特技になります。

盗賊はすばやさの高くなりやすい職業。戦闘後にアイテムを盗むので、金策に困った時に便利です。また、早い段階でトラマナを覚えるので、毒の沼やバリアで大きな効果を発揮します。また同じく序盤にはインパス、中盤にはレミラーマ・「とうぞくのはな」を覚えるのでサポートメンバーとしては非常に優秀です。


対して魔法系の職業は、僧侶・魔法使い
僧侶は回復系のエキスパート。ホイミ系の3種以外にもスカラ(守備力向上)・マホトーン(敵の呪文を封じ込める)といった補助系呪文、ザオラル(半分の確率で蘇生)も覚えてくれます。またバギ系2種も覚えるので、いざとなったら攻撃にも回れます。

魔法使いは攻撃系のエキスパート。ギラ系2種(ギラ・ベギラマ。炎で1グループにダメージ)・ヒャダルコ(氷で1グループにダメージ)といったグループ単位に攻撃できる魔法の他、メラミ(火炎球を飛ばす)のような単独で攻撃できる強力な呪文、イオ系(イオ・イオラ。爆発で全体にダメージ)のような敵全体に攻撃できる呪文も使えます。さらに、マヌーサ(幻に包む)・ラリホー(眠らせる)といった補助系呪文、ルーラ(行ったことのある町に移動(現代世界のみ利用可能))・リレミト(ダンジョンや塔から脱出)といった脱出・移動系呪文も覚えるので、戦闘以外の用途も十分あります。


その他2種に属しない職業は、吟遊詩人・踊り子・羊飼い・笑わせ師
吟遊詩人は歌で敵の能力を割く職業で、どちらかというとサポート系の職業。ラリホーの効果もある「ゆりかごの歌」、敵を笑わせる「コミックソング」、マホトーンの効果もある「まふうじの歌」、ザオラルの効果もある「天使のうたごえ」といった特技を覚えます。

踊り子はその名の通り、踊って味方をサポートする職業ですばやさが高いので、先陣を切ってサポートできるのも特徴です。敵を1ターン行動不能にする「さそうおどり」、MPを奪う「ふしぎなおどり」、素早くよけられるようになる「身かわしきゃく」、敵の踊りを防ぐ「おどりふうじ」、メダパニ(混乱)の効果もある「メダパニダンス」、ザラキ(即死)の効果もある「しのおどり」と覚えておくと非常に便利な特技が満載です。

羊飼いは僧侶のようにホイミといった回復系の魔法も使える他、僧侶も使えないキアリー(解毒)も使えるので、序盤は意外に貴重です。またラリホーの効果もある「ひつじかぞえ歌」、敵を呼びよせる「くちぶえ」、吹雪を防ぐ「ウールガード」、敵全体に攻撃する(ダメージはレベルによって違う)「どとうのひつじ」といった使い勝手のいい特技も覚えてくれます。

笑わせ師はドラクエⅢの遊び人のような職業ですが、敵に対しては意外にも真剣に挑んでくれます(笑)。敵に笑わせ行動不能にする「ぼけ」・敵の攻撃(全体攻撃除く)を返す「つっこみ」といったお約束な特技の他、男なら敵1グループにダメージ・女なら敵1グループを行動不能にする「ぱふぱふ」・敵を行動不能にする「なめまわし」・敵の守備力を0にする「ひゃくれつなめ」といったオリジナリティあふれながらも十分に役立つ特技を覚えてくれます。


で、基本職をこなすことで上級職に至れるのですが、その過程はというと・・・。


戦士+武闘家=バトルマスター
僧侶+魔法使い=賢者
武闘家+僧侶=パラディン
戦士+魔法使い=魔法戦士
船乗り+盗賊=海賊
盗賊+羊飼い=魔物ハンター
吟遊詩人+踊り子+笑わせ師=スーパースター



以上6つの上級職に進めます。


で、序盤は何になればいいの・・・というふうになろうかと思います。特に3人しかいないので非常に悩みどころ。
まず必ず据えておきたいのが攻撃役と回復役。特に魔法使いと僧侶は必須です。悩むのはそれ以外。
力押しが欲しいのであれば、戦士ないしは武闘家ですが、先述した「まわしげり」が使えるので武闘家をチョイスしましょうお金が欲しいなら盗賊、サポート面を厚くしたいなら吟遊詩人・踊り子・羊飼いといったところでしょう。

以上を踏まえて、MPの少ないガボは必然的に戦士や武闘家といった格闘系に、逆にMPの多いマリベルは魔法使いや僧侶といった魔法系になっていきます。主人公はどうしたいか悩みどころですが、マリベルの就く職業次第でその逆に据えるのが無難でしょう。魔法使いなら僧侶、僧侶なら魔法使いといったふうです。そうしておきたい理由は、マリベルの行動が関わってくるわけなんですけど、それは随分後の話なので、今は黙っておきます。


次回は新しい世界に行きたいところですが、もう少し現代世界に寄って行きましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:21│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52329169

コメントする

名前
 
  絵文字