2013年04月01日

中日に勝ち越したぜ!DeNA

巨人の長嶋終身名誉監督と元巨人・ヤンキースなどに所属の松井秀喜さんが国民栄誉賞が何ぼのもんじゃい!
・・・と千葉に住んでる某サイトの管理人が言ってますよ(ギャハ)!<怒られますよ!


そう言いたくなるのもわかる。春の珍事・・・いや春の恒例行事なのかもしれない(ニヤニヤ)。


勝ち越しおめでとう!DeNA!



ええ、もう二度とないかもしれないので、大きな声で< 怒 ら れ ま す よ !


今年ここまでDeNAがやってくれるとは思っていないでしょうね。皆が最下位ないしはBクラスまっしぐら的な順位予想(間接的に中畑辞めろコールとも(笑))を繰り出しておりました。かくいう私も、最下位だと思ってますよ(ゲラゲラゲラ)!<いい加減しびれ切らせて怒ってきますよ!
その快進撃の理由は、その対戦相手だった中日の選手3名。早い話が(以下自主規制)。
ブランコ・ソーサ・ソトの3選手のうち、特にブランコ選手の大活躍が大きく響いてますね。ソーサ・ソト両選手は投手ゆえになかなか目立った活躍が見られないのかもしれません。特にソト選手は先発なので、巨人戦あたりで投げるのではないのかと思います。ソーサ選手はちょろっと投げてますけど、本格的な活躍はまだこれからでしょうね。
話を戻します。そのブランコ選手が3連戦で打率3割ホームラン1本とまずまずの活躍。でも、ブランコ選手が入ったことで、打線に厚みが出ているのは周知の事実ラミレス選手とモーガン選手のクリーンナップに筒香(つつごう)選手ないしは中村紀洋選手が下位打線に控え、気の抜けない打順になってます。
個人的には、モーガン選手は小技もできて足が早いそうなので、1番でもいいんじゃないかと思うのですが、それは筒香選手が成長してくるか、控えに入ることの多くなる中村紀洋選手か多村選手が表に出てくるまでないのかもしれないですね。これまた個人的にですが、この中村・多村両選手が控えなのももったいない・・・

あとは投手陣がどこまで再生できるかソト選手やソーサ選手といった先発や中継ぎの軸は入ったので、復活を掛けた藤井選手が同じ先発の三浦選手をどこまで助けられるかだと思いますね。というより、DeNAの先発で誰がおるねん(苦笑)!<お説教してほしいのね。


とりあえず、ホームゲームになる巨人戦やその先に控える阪神戦で勝ち越しができれば、今年のDeNAの強さは本物だと思います。そこまで褒めないぞ(ギャハ)!<褒めてもらわなくていいという某サイトの管理人のつぶやきが聞こえてきましたよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52332721

コメントする

名前
 
  絵文字