2013年04月15日

春の新アニメ2013 その16 変態王子と笑わない猫。

春の新アニメ2013、最後になると思われる16回目は、メディアファクトリーのMF文庫Jから刊行されているライトノベルが原作の「変態王子と笑わない猫。」です。
放送開始前からBS11と一部地上波で専門のCMが流れていたので、それで知った方も多いかと思います。なお、2月から大阪にある関西圏をエリアにするラジオ大阪とインターネットラジオ(HiBiKi Radio Station)でこの作品のラジオ番組が行われているとのことだそうです。

そういえば、MF文庫Jというと、先日亡くなられたヤマグチノボルさんが「ゼロの使い魔」を刊行していたところ。屋台骨だったライトノベルが無くなり、今後メインを飾るために、「僕は友達が少ない」などと共にメイン作品としてこの文庫を支えていくことになるのでしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


何かにつけ女のことしか考えていない煩悩だらけの横寺陽人は、女の子の水着姿が見たいという理由だけで陸上部に所属していた。そんな折、その厳格な性格ゆえに『鋼鉄の王』と呼ばれている陸上部部長から時期部長を指名されることになる。しかし、本音を出すことのできない陽人は断ることができなかった

何とかして本音を出せる人間になりたいと思ったある日、腐れ縁の幼馴染みポン太から町外れの一本杉の丘にある笑わない猫の像に自らの煩悩を引き取ってもらうよう願い、見事解放されたということを聞くことになる。早速その像の前でお供え物を持って建前を引き取ってもらうようお願いしたところ、そこで本音を引き取ってもらいたい筒隠月子と出会い、共に笑わない猫の像に願い出る。すると、陽人は建前を、月子は本音を見事引き取ってもらえたものの、陽人は本音しかしゃべれなくなり煩悩丸出しになり、変態王子と揶揄され、月子は表情が無くなってしまった


以降、2人は共闘してそれぞれの失ったものを取り戻す日々が始まる



というふう。


この第1回で、それなりの登場人物が揃っており、それが丁寧に描かれているのではないかと思います。ただ、全体的に流れが急なようにも思えてならなかったですね。特に本音だけしかしゃべれなくなったところをもう少しわかりやすくならなかったのかなと。全体的にしっかりとしている感じがあったので、そこだけが残念なところですね。


とりあえず、今後の展開次第ですかね。話としては結構しっかりとしているとは思いますので。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
「変態王子と笑わない猫。」放送時間
【東京および埼玉・千葉・神奈川の一部】TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)
(土)22:30~23:00

【北海道】テレビ北海道
(火)26:05~26:35

【愛知】テレビ愛知
(土)26:20~26:50

【関西圏および香川・徳島の一部】MBSテレビ(毎日放送)
(土)26:28~26:58

【福岡および佐賀の一部】RKBテレビ(RKB毎日放送)
(月)26:33~27:03

【BS】BS11(日本BS放送)
(日)24:30~25:00

【CS】アニマックス
(木)22:00~22:30
(木)27:00~27:30
(土)22:00~22:30

※青字は再放送
Posted by alexey_calvanov at 22:37│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52334988

コメントする

名前
 
  絵文字