2013年05月21日

2013年3月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2013年3月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


3月は日数が2月よりも多かったせいもあり、持ち返しています。それでも厳しい状況は変わりないと分析しています。アクセス数が大きく持ち上がってこないからです。
さて、PC:ケータイの比率は、84:16となりました。四捨五入ではありますが、先月と全く同じ数字になりました。PC・スマホ・ケータイとも若干増加というふうでした。


PCの詳細に関してはというと、Windows 7・XP・Vistaという順になりました。そして今回も7とXPの間にAndroidとiPhoneが割り込んでくるという結果となりました。7・XP・Vistaの比率がそれぞれ約28・11・8で、計約52%となり、再び過半数を得る結果となりました。なお、全てのOSで前月より減少するふうになっています。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7ではInternet Exploler(IE。順は7→9→8)が最も多く(比率は約63%)、次いでChrome(25.0)が約19%、Firefox(19.0)が9%となっています。IEは同数、Chromeは増加したのに対し、Firefoxは減少となりました。XPに関しては、IE(8→7→6)が約66%、Firefox(19.0)が約16%、Chrome(25.0)が約14%となっています。IEが大幅上昇で6割越え、Firefoxが5%ほど増え、Chromeが微減になっています。Vistaに関しては、IE(7のみ)が約65%、Chrome(25.0)が約12%になりました。IEが7のみなのに、比率が先月とほぼ同じ。Chromeは今回も最新バージョンのみではあるものの、少し減らした程度で終わっています。
上記以外では、Mac OS Xが3.5%、Windows 8が1.7%、X11・ウィルコムが0.2%、PlayStation 3・UNIX・Windows(系統不明)・Wii・Win95が各0.1%となっています。今回のMac OS XはSafari(5.1→6.0)のみになりました。またWindows 8が大幅躍進しており、初めて詳細が出ました。その詳細はIE 10で最新バージョンのようです。

スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約46%(Android23%、iPhone20%)と先月と比べて大幅増加になり、過半数が見えてきましたAndroidは相変わらずSafari(4.0)が約92%、Chrome18.0が4%となり、どちらも少し勢いは落ち着いてきましたiPhoneに関してはSafari(6.0→5.1→5.0)が約90%と寡占状態になりました。次に来たWebKitは約7%に落ち込んでいます。なお、iPadは3.2%となり、比率はSafari(6.0→5.1)のみになりました。


対してケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約68:28:4となりました。3キャリアほぼ横ばいといった感じでしょうか。
詳細は、auではKC3Y(K005)が10.4%と連続首位になりました。次いでCA3J(CA006)が8.3%TS3S(T004)が7.2%に、SN3U(S007)が5.4%と変わらない中、TS3O(biblio(TSY01))が5.0%と再び入ってきました。
ドコモに関しては、先月同様P01Bのみ(8.0%)となりました。


3月の記事に関しては、ファミリーマートの「初音ミク de 桜ノ歌のキャンペーン」絡みの記事やNHK BSプレミアムで始まった「大岡越前」に関する記事(ちなみに、「大岡越前」は6月に再開予定(3話分))、そしてくら寿司で提供している天丼に関する記事が大きく注目されていたようです。3月はゲーム強化月間と称し色々なゲーム関連の記事を挙げていますが、それ以外の記事に注目が集まるというのは何と言えばいいのか・・・(汗)。


4月に入ると、またアクセス数が伸び悩むところですけれども、ネタになりそうな話題を振り絞って出していこうかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:46│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52342069

コメントする

名前
 
  絵文字