2013年05月22日

X様、新たなる一歩へ

現地時間の5/22に新世代XBOXである「Xbox One(XBOX ONE)」が発表されました。


この「Xbox One」は、8コアのx86プロフェッサ・8GBRAM・50GBHDDとなっております。メディアはBlu-rayとなり、マイクロソフトとして初めてになります(Windowsを通じても初めて。現状PCソフトは全てDVDで供給されている。なおDVDが読み取れるかは不明)。また、今回初めてゲーム用のOSが用意され、Windowsとの連携も図られる予定です。ということは、将来的にBlu-rayでPCソフトが出ることを示唆したとも言えるでしょう。付属品としてKinectがあり、今回は1080p(ハイビジョン)に対応しているとのこと。

起動等は音声認識で行い、「Xbox On」と言えばゲーム機能が立ち上がり、「Watch TV」と言えばテレビに切り替わるというふうになっているそうです。またテレビを見ながらXbox OneオリジナルのSkypeが使える(分割表示。単独でも利用可能)とのことなので、ゲーム攻略やオンラインゲームでの協力プレイ等に使えそうです。またこのSkypeはグループコールが世界で初めて実現できる予定になっています。

「Xbox One」はさらにグレードアップしたXbox Liveに対応しており、どの本体からもクラウドにプロフィール・ゲームなどが保存可能になっており、「Smart Match」というゲームのマッチングを行う機能・「Game DVR」というゲームプレイを記録できる機能・「Living Games」という自身の影武者と戦うことのできる機能・「SmartGlass」というWindows PhoneとXboxシリーズを連携できる機能も利用できるようになります。その他、コミュニティチャンネルである「Trending」などもありますが、現状はアメリカ版でのみ対応可能とのことだそうです。

気になるソフトは、「Forza Motorsport 5」・「Call of Duty: Ghosts」などが用意され、テレビシリーズ版として「Halo」が配信される可能性もあるとのことだそうです(このシリーズはまずアメリカのみになると推測)。

なお、既にXbox 360のXbox Live ゴールド加入者はスムーズに移行可能というふうに関係者は明言しておりますので、煩わしい機能制限は起こらないものと推測できます。

気になる本体は黒1色左側にディスクを挿入できるようになっています。トレイに載せるというふうではなく、ディスクを挿入するという形になっています。またコントローラーはこれまで同様の形とも言えますが、スタートボタンなどが廃されているのが以前発表のあったPS4を意識してのことなのか、謎は深まるばかりです。なお、ワイヤレス利用の際の電源は単3電池であることが明らかになっています。


現状まだどうなるのかは見えていないですし、画面が見られたわけでもないので何とも言えないですが、どうやら常時接続は不要という点で、マルチメディア機というよりややスタンドアローンチックなゲーム機寄りのハードになりそうだという推測はできます。また中古も遊べるという点から、アクティベーションは行わないこともわかりました。ただ残念なことにXBOX360との下位互換は今回行われないということなので、一旦XBOXシリーズの輪が途切れることになります。PS4の場合、クラウド型ゲームサービスでストリーミング配信でPS3等が遊べる予定になっていますが、今回「Xbox One」も同様の方式で配信していくのか、まだ何とも言えないですね。


いずれにせよ、日本でどれだけ売れるのかが正直読めないです日本でXBOX360が150万台しか売れていない現状を考えると、今回の「Xbox One」は絶対に失敗できないハードであることは間違いないでしょう。
気になる発売日は未定ですが、今年の後半に登場するのではないかと答えています


PS4とXBOX ONE、今年のゲームショウで(詳細も含め)大々的に発表されるのではないかとにらんでいますけれども、はてさてどうなることやら・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52342231

コメントする

名前
 
  絵文字