2013年06月12日

ファン「ほれみろ、やっぱりそうだったじゃないか」

今日の試合を見ている人は、どう思って見ているのでしょうか。


プロ野球で使用されているボールは統一球というものなのですが、そのボールが今シーズンから飛ぶボールにすり替えられていた事実が明らかになりました。
『すり替えられた』と書いたのは、統一球が導入された2011年シーズンは2010年シーズンよりホームラン数が半分くらいになっているのですけど、2012年シーズンはその減った2011年シーズンよりもさらに減っているのです。実は、減少した原因はボールの芯の部分の反発係数が関わっているのですけど、その反発係数が基準値より大きく落ちていたのです。それが顕著に出たのが2012年シーズンだったわけです。
そのため、NPB(日本野球機構)は反発係数を上げるように調整を願い出た・・・というところまではよかったんですけど、それを秘密裏に行い、メーカーにも「これまでと同じものと言え」と強要し、ましてや在庫処分と称して紅白戦やオープン戦でじゃんじゃん使って浪費させたというのですから、そこまでやるのかと。そこまで隠ぺいに隠ぺいを重ねてしれっと変えてしまってるのは何でなんだろうと。
そのしれっと変えた、つまりはすり替えたことは全く公表されなかったため、開幕戦以降の公式戦でホームランや長打がバカスカ出てきてしまったというふうで。

この事実、コミッショナーでさえ、「昨日知った」とホントかウソか全くわからないコメントを出してます。じゃあ、アンタの署名入りボールの存在価値は何なんだと。


で、試合中なのに記者会見。全くわけがわからない。全ての試合が終わった後とかもうちょっと配慮すればいいんじゃないかとも。選手をバカにしているというより加盟球団だけでなくファンも小バカにしているとも。


その記者会見では、「隠ぺいする事実はなかった。新旧のボールが混在することで混乱を招くことを避けたかった。(公表が遅れたのは)内部の意思疎通が取れていなかった」とコミッショナーは語っています。またコミッショナー本人は、先述の通り昨日知ったということを打ち明けたうえで、「事実を知っていたなら、即公表をさせた」とまで言ってる。でも「不祥事とは思っていない(裏を返せば、この件で辞任はしない)」とのことらしい。
確かに、加藤コミッショナー一人を人柱にして辞めさせようとは思わない。彼も被害者なのかもしれない。しかし、この事実を知らないからでは・・・と思うわけで。一番いいのは幹部を含めて総辞職、血の入れ替えで責任を取るしかないのではないかと。


で、何でこの時期なんだと。これが一番解せない。たぶんどこかの週刊誌がリークしちゃったもんだから先手を打って・・・というのが一番考えられそうなんですね。まさかとは思うけど、交流戦潰しに使うなんてことはないですよね、加藤コミッショナー。


この一件では選手達からも「やっぱり」という声以外にも、「選手会への話し合いもなく寂しい」(楽天の嶋選手)、「日本がボールで論議をしていることが、すごく恥ずかしいこと」(巨人の阿部選手)、「説明責任を果たしてほしい」(阪神の新井貴浩選手)という声が上がっていますファンの中からも好意的な意見もある一方でおかしいという声ももちろん上がっています。


確かにホームランは野球の華なので、増えて悪いことはないです。しかし、これで飯を食っている選手にとっては死活問題でもあるし、これで査定が下がったということになったり、選手の不調・引退・解雇のきっかけになってしまっているのであれば、死活問題では済まされない大きな問題になってしまいます。
何より全く知らされない中で進められたことは、球団・監督やコーチ陣・選手・ファンの全てに不信感を与えてしまったとしか思えません。先程も書きましたが、幹部の総辞職を行い、NPBと選手会代表・OB代表・球団代表・審判代表・一般の方々からなる有識者会議を行って、透明性と改革を行うべき時だと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:12│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ | 真面目なモノ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52345640

コメントする

名前
 
  絵文字