2013年06月15日

今度はちゃんと目立つ時期にやってますな

以前高島屋のB1Fメインで行っていた「美味×美味Festa!」今年の3月に行われた時には北海道物産展が行われていたため、正直目立ってなかったなぁと思っていたほど。

ところが今回は、他に物産展のようなイベントは重なっていないようで、しかも第2弾まで設定しているところから、今回は気合い入れてるなと思った次第。ちなみに、今回は6/12~7/9まで長丁場です。


ISW11F_0504そんなコラボ商品の一部を紹介。もしかしたら別の商品を取り上げられたらやるかも(笑)。


上から、四陸(フォールー)とビネガーサロン オークスハートとのコラボ料理である「黒酢豚」、天一と山本海苔店とのコラボ料理である「のりと梅、山芋の天ぷら」、大寅とくすむらとのコラボ料理である「お揚げ天」、パオパオとしら河とのコラボ料理である「鰻入りシューマイ」、富惣と酒直とのコラボ料理である「ハモの南高梅肉フライ」
「黒酢豚」は、ビネガーサロン オークスハートの黒酢に蜂蜜を加えた特製酢で仕上げたもので、「のりと梅、山芋の天ぷら」は、山芋の上に梅肉を乗せて、海苔を巻いて衣を付けて揚げた天ぷら「お揚げ天」は枝豆・れんこん・にんじんなどの野菜と特製すり身を混ぜたものを詰めて揚げたお揚げで、「鰻入りシューマイ」は国産豚肉で作ったシューマイに鰻を乗せたもの。最後の「ハモの南高梅肉フライ」はこの時期旬とも言えるハモに梅肉と大葉を乗せて揚げたフライです。



味はというと、「黒酢豚」は普通に美味しい黒酢は酸味が強くなく甘めになってます。
「のりと梅、山芋の天ぷら」と「ハモの南高梅肉フライ」、同じ梅肉を使った揚げものですけど、個人的には「のりと梅、山芋の天ぷら」の方が美味しい。というのも、山芋のシンプルな味わいに梅肉の酸味の強さが引き立って美味さが倍増してると感じられるんですよね。「ハモの南高梅肉フライ」も美味しいんですけど、梅肉の量が少ないのか、後からやっとわかるという感じ。惜しいねぇ。
「お揚げ天」はなかのはんぺんのコク深い旨味を感じられてなかなかなんですけど、しょうゆを付けて食べないと味が薄いかなと思いましたね。
「鰻入りシューマイ」は普通に美味いけど、うなぎの味は申し訳程度に乗っていたのでそれほどでも(苦笑)。ただ、かば焼きのたれ・ねぎ・山椒を掛けて食べるという発想は面白かったですね。


ISW11F_0505で、ここではデザートよろしく買ってきました。
メルヘンと花園万頭とのコラボ料理である「ぬれ甘なつと入り苺生クリーム」。
黒っぽいものは甘納豆らしい。それにクリームチーズを挟んだサンドウィッチです。



こちらは甘いというよりあっさりした味イチゴの甘みと酸味とのバランスがほどよく、口直しには十分美味いですね。


先程も書きましたが、他にもいろいろあるみたいですし、第2弾によってはまた取り上げるつもり(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52346098

コメントする

名前
 
  絵文字