2013年08月06日

パナよ、お前もか・・・

先日発表したNECカシオモバイルコミュニケーションズ(以下NEC)のスマホ事業撤退に続き、今度はドコモではNECに次ぐ大型供給メーカーでもあったパナソニックがドコモ向け機種投入を見送ることを発表したため、事実上スマホ事業の撤退になるのではないかと言われています。まだ正確な発表は行われていないものの、先日行われたパナソニックの決算発表の際には(NECのスマホ事業撤退を受け)事業撤退を示唆していただけに、その現実味は色濃いものになりそうです。


パナソニックはNECと共にドコモの大型供給元として隆盛を極め、一時は2大ガリバーとして日本の携帯事業をけん引してきました。パナソニックもNEC同様少数ながらauやソフトバンクにも供給しているため、少なからず支持者がいるものと思われます。
ドコモがFOMAを展開してからは、NECと共に共通インターフェイスを採用し、NECカシオモバイルコミュニケーションズの傘下には入らなかったものの、実質NECとは運命共同体的な部分は強かったように感じます
なお、パナソニックもガラケー(一般的なケータイ)事業は継続するということなので、完全に撤退するという事態は免れています。


しかし、ここまで国内メーカーがガタガタになってしまっているのは想定外ですね。海外進出を怠ったツケがここまで響いているとも言えますね。それだけ日本での技術が海外では・・・とも取れるわけで少々反省すべきものでしょう。
残った中で大手になるのはシャープ・ソニー・富士通・京セラなどですが、このメーカーも海外展開次第ではいずれ・・・となりかねないでしょう。海外に勝つためには国内の技術でも受け入れられている緻密さ(防水・防塵機能やらくらくホンがその一例)をいかに引き出し受け入れてもらえるかに掛かっているのではないかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:54│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52354253

コメントする

名前
 
  絵文字