2013年09月25日

苦節16年



ねんがんのAクラスにはいったぞ!



そんな雄叫びが広島県中および広島出身の人達の中で飛び交っていることでしょう。


今日ナゴヤドームで行われた中日×広島の一戦で、広島が中日を破ったため、実に16年ぶりのAクラス入りが確定。それと同時に初のクライマックスシリーズ出場権を確実にしました
これまで投手がよくても打線がダメだったり、打線がいい時は投手陣にケガ人続出・・・と上手いこと実力を発揮できなかった広島。Bクラスに落ちていた間には主力選手(主に共に阪神に行った金本さんや新井貴浩選手など)が出ていったり、世代交代が上手くいかなかったり、監督が数年ごとに変わったりということが頻発していました。まぁ、さすがに最下位があのチーム(笑)のおかげでそう目立たなかったのですが、事態が深刻だったことには変わりありませんでした

しかし、旧広島市民球場からマツダスタジアム(現在の広島市民球場)に変わってから徐々に変化が起こっていたようにも感じます。
前田健太選手や野村祐輔選手をはじめとする若手投手陣の活躍、同じく堂林選手・菊池選手をはじめとした若手野手陣の活躍で徐々に改善の兆しが現れてきました懸念された得点力不足も今年途中から入団したキラ選手の活躍で解消され、かつ既に所属していた外国人選手にも相乗効果を与えるなどいい流れになって行きました
そして、長い間Aクラスに位置していた中日の精度疲労と内紛劇で弱体化したのも大きな要因だったでしょう。高木ジョイナス監督になってからちぐはぐでしたものね。中でも象徴的なのは浅尾選手。いやぁ、昨日も今日もまるで判を押したかのような失点劇。これはかつてのセットアッパーの輝きはもうないわ。


ともあれ、広島のファンも選手も監督・コーチ陣もこれで終わりとは思ってないでしょう
今後は初となるポストシーズンの戦いをいかに切り抜けるかに掛かっています。
まずは阪神をいかに攻略するかでしょう。少々酷な扱いをすることになりますが、前田健太選手を5試合いつでも投げられるような体制にして、要所を押さえられるようにしなけば、まず勝てないというくらい阪神打線は案外強力です。ただ、逆に投手陣は一部を除いてそれほどでもないと思う節も見られるので、打線の繋がりを重んじていけば十分に互角以上の勝負をやっていけると思います。


最後に、中日を倒してくれてありがとうございます(ギャハ)!是非とも下剋上を果たして下さい!


球場ラヴァーズ~私を野球につれてって~ 1 (ヤングキングコミックス)
球場ラヴァーズ~私を野球につれてって~ 1巻



球場ラヴァーズ~私を野球につれてって 2巻 (ヤングキングコミックス)
球場ラヴァーズ~私を野球につれてって~ 2巻
9/30発売の最新巻です。
広島ファンでまだの方、クライマックスシリーズ進出記念に1巻とセットで(ニヤニヤ)!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52361406

コメントする

名前
 
  絵文字