2014年03月28日

すき家のオペレーションが大混乱に陥ったあの定食を頂いてきた

すき家で現在期間限定として販売している「牛すき鍋定食」・「とろ~りチーズカレー鍋定食」・「野菜たっぷり牛ちり鍋定食」。この中で「牛すき鍋定食」は、すき家の店舗名の由縁となったすき焼きをベースにした料理となっています。というのも、「牛すき鍋定食」は創業時(1983年)の「すき焼きディナーセット」、2004年の「すき焼き定食」に繋がる重要なファクターになっているからです。

しかし、この「牛すき鍋定食」、その複雑なオペレーションゆえに、アルバイトが少ない時にこれが来るととたんに混乱をきたすということになってしまうそうで、ピーク時にこれが来ると店が回らなくなってしまうのだそうです。このことがきっかけなのかどうかは定かではないのですけど、アルバイトなどの従業員が相次いで辞める事態になり、『パワーアップ』と称する一時休業が相次いでいます。そして遂には、「いちごジェラート」と併せて鍋料理3種を4/1午前9時で一時終売というふうになりました。ただ、これも元々3月末で終わるものが状況によって4月もやるかもと言っていただけのことで、今回の終売は既定路線だという声もあり、従業員の離反に伴うものなのかは不明です(ただ、それならなぜ『一時』という文言が付いているのかが説明できなくなる)。


SHL23_0076というわけで、そんなことを知る由もなかった時(今週の火曜日である3/25)に「牛すき鍋定食」を頂いてきました
写真には卵がありませんが、実際には付いてきます。まぁ、私が卵をあまり好きではないという理由で外してもらったんですけどね(値段は当然ながら一緒)。



手間ヒマが掛かって美味しくなかった・・・だったら、とんでもなくムダな浪費だというふうになるのでしょうけど、実際これがまた美味しんだわ(苦笑)。
割下の味がシャープな甘辛に設定されていて、肉や野菜の味が染みてくるとご飯のおかずに最適になるんですよ。ただ、うどんがちょっとしか入ってない&鍋にくっつきやすいのが残念。これならいらないんじゃないのかなと思った次第。あと、提供される時にすぐ食えるとは思うものの、いつ食べればいいんだろうというタイミングが計り辛いのも問題ですね。野菜が生煮えなんじゃないかといぶかしがりながら食わないといけないのは精神的に辛いです(汗)。
で、余った割下にご飯を放り込んで一緒に付いてくるスプーンですくって食らうのが一番美味い味が濃いなと思ったら、卵を溶いているはずなので、割下の中に流し込んで卵とじ風にして頂けば、まろやかになってよろしいんじゃないのかなと思います。私はご飯をもう一杯頼んでしまいました(ギャハ)。


さて、無くなることがわかったので、「いちごジェラート」と一緒に「牛すき鍋定食」以外の鍋どっちかを食べに行くぞ、と(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字