2014年05月08日

まげを巡るミステリー?

大相撲幕内にいる遠藤関が、この度やっとまげを結えるようになりました。本人いわく、5月のキリのいい時期(5/1に初結い、報道陣への公開は翌日の朝稽古から)に髷が結えたことに、すがすがしいとご満悦でしたね。ざんぎり頭も気にしなくてよくなったそうなので、稽古にも集中できるようですし。


ところが、本当に5月で初結いだったのかと疑問を呈する出来事が起こったのです。
きっかけは永谷園のCM
新しく収録することになったのですが、何とまげを結って挑んだのだそうです。この収録、永谷園は4月中と明言し、関係者に至っては4月上旬と言っているのですから、その差1ヶ月遠藤関はタイムマシンにでも乗って来たのか、その間の記憶をスポイルされたのか、全くの食い違いに誰もが首をかしげてしまいそうでした。
どうやら撮影の演出の一環のようで、非公式にやってみたら結えたというのが結論のようです。でも、CMで結ったまげは後録りのモノだった、いや合成だ、いやいやCGだ・・・と様々な説が出てきてもおかしくなく、仮にそういう話が出てきても、それはそれで面白いかも。

これだけ注目されているのは、遠藤関がこれからの相撲界のホープだからだと思います。ゆえに、まげが初めて結えるようになった夏場所では、いい成績を収めてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:49│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52388949

コメントする

名前
 
  絵文字