2014年05月17日

東京と東北へ2014⑩

地下鉄に乗って、勾当台公園駅で再び下車。定禅寺通りを西に西に歩いて行きました。バスもあるんですけど、路線と時間がわからなかったのであきらめた(泣)。


SHL23_0211歩くこと約10分。定禅寺通りの端っこ、丁度西公園の隅にあるのが静態保存された蒸気機関車。C60だそうだ。
かつて山陽本線や東北本線・常磐線を走った経緯のある汽車だそうで、1968年の東北本線電化に伴いその役目を終え、翌年ここに保存されたのだそうな。



SHL23_0213その蒸気機関車の丁度反対側に定禅寺通りの端の部分があるのは先述の通り。
作中の光のページェントが行われているそうですが、ここじゃなく青葉通りだということらしい。ただ、青葉通りは一部が地下鉄東西線の建設で切られてたはず。うーむ。



SHL23_0214そんな思いを抱きつつ、西公園から北東に歩いて5分ほど。餃子の天ぱりにやって来ました。
こちらは菊間夏夜のバイト先として登場しています。とはいっても、デビュー前にバイトしていただけのことで、最後はケンカ別れ的に辞めているという何とも複雑な経緯をたどっております(苦笑)。
それでも、温かく迎え入れてくれているここは何とも素晴らしい。「ガールズ&パンツァー」でぶっ壊された旅館みたいな歓迎ぶりだったな。



SHL23_0216作中のロケーションと同じように撮れる数少ない場所でもあります。
ここの再現度はほぼ完璧。道路交通法に触れる可能性があるため看板を縦に向けてないだけですな。さぁ、再現ごっこやってみよう!<迷惑になるから止めなさい!



店内は非常に小ぢんまりとしており、この店内の再現度も高いです。席数は10席ほどか。
なお、ここの店は女性1人で切り盛りしておりました(店主のおやじみたいな人はいなかったし、夏夜のようなバイトの子もいなかった)。日曜夕方なのにご苦労様でした。既に先客がいたので、なおのことお忙しかったことでしょう。


SHL23_0217ここでは作中の主人公が食べていたものと同じと思しき久留米ラーメンを頂きました。この他味噌など幾種類かのラーメンがあります。
ちなみに、餃子も一緒に頼んでましたが、撮り忘れた(笑)。



味はシンプルな豚骨ラーメン。写真の片隅にちらっと写ってますが、付け合わせの高菜や紅しょうがをお好みで乗せて調整しましょう。なお、替え玉は行っておりません、あしからず。


SHL23_0218ところで、定禅寺通りにはコスモ石油のガソリンスタンドがあります。
後に夏夜のバイト先になったところではと思ったのですが、どうもここではなく、仙台駅東口・東八番丁辺りのコスモ石油らしい



SHL23_0219仙台最後は、東北随一の歓楽街である国分町。作中の主人公である松田耕平がスカウトするために歩いたのもここですね。
その中にあるのが、う~にゃ~でおなじみ(笑)、岡本未夕のバイト先であるメイド喫茶のモデルになったアイドル居酒屋LUViAがあります。光っちゃってる看板がそのアイドル居酒屋LUViAへの入口。階段で下に降りていくパターンなんですね。
中には作中と同じステージがあるそうです。



その後は、「サウナ&カプセル キュア国分町」で一休み。ここで初めてロウリュサウナを味わいました。
従業員の方が必死になって扇ぐ扇ぐ。タオルをブンブン汗だくになって回し、うちわで扇がれるだけ扇がれましたよ(笑)。でも気持ちいいですね。暑いんですけど、心地いい。クセになりそうですな(ニヤニヤ)。


午後10時くらいまでそこに休みがてら滞在し、少々肌寒い仙台の夜ながらも数時間、バス停のある仙台駅東口、ヨドバシカメラのあるところからさらに南にある薄暗いところで待っておりました。最初ほとんど人がいないからここで大丈夫かしらと思ったよ。


午前0時すぎ、東京・新宿行きのバスに乗り、そこから数ヶ所のサービスエリアでの休憩を経て、東京・新宿に。ここから名古屋に向かいます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:15│Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52389912

コメントする

名前
 
  絵文字