2014年06月16日

これは役に立たない(笑)

現在絶好調なオリックス。この時期まで好調を維持しているのは、正に奇跡的。前評判はそれほど高くなっただけに、なおさらです。


そんなオリックスがアプリ製作会社と共同でファン向けに製作したアプリが「オリックス・バファローズ カメラ ~君もプロ野球カードになろう!~」アプリ名を見る限りでは、プロ野球カードの一場面に自分が出られるんだな・・・と思うことでしょう。それは確かに半分正解で半分間違い(笑)。
Frameボタンを押せば、自分が野球カードの一枚になれるようなフレームが登場し撮影ができます。ところが、Playerボタンを押すと、撮影の際にオリックスの森脇監督や選手一同、そしてマスコットであるバファローブルとバファローベルが何の気なしに写り込むというファン以外は誰得なアプリでございます(苦笑)。いや、これはファンでも困りものなんじゃないのか(爆)?
なお、登場したオリックスの監督・選手・マスコットはバファローズ図鑑に登録されるとのこと。また出てくる人を指定したい場合は、写真を撮る際に加えられるCCPointsというポイントを使えば可能になるとのことだそうです。
このアプリは現在iOSでのみ対応というふうになっており、対象はiOS 6.0以上になっています。Google Play(Android)には対応していないので注意が必要です。


うーん、改めて何とも役に立ってくれるのかわからないアプリだ(苦笑)。例えば、ドラえもんのひみつ道具にある「差すと雨が降る傘」みたいなもんだなぁ。<あれは水が欲しい時に役に立つだろう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:59│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ | ケータイ系

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52393137

コメントする

名前
 
  絵文字