2014年09月27日

マック、お前もか・・・

北海道日本ハムファイターズで21年活躍した金子誠選手が現役引退を表明しました。


金子誠選手は1993年にドラフト3位で入団。プロ3年目の1996年からレギュラーに定着し、二塁手と遊撃手という内野の要になり活躍しました。
2004年から北海道にホームを移転した後はレギュラーはく奪の危機を乗り越え、2006年には選手会長、2007年には主将に就任し、チームの優勝に貢献しました。また2004年のアテネオリンピック銅メダル獲得に貢献もしています。
しかし、その後はひざのケガ・腰痛などに苦しみ、かつオリックスから移籍した大引啓次選手や中島卓也・西川遥輝両選手などとといった若手の台頭もあり、出場機会にも恵まれなくなってきました


ケガはほぼ完治していたそうなので、まだまだレギュラー争いできるんじゃないのと思っている部分もあるのですが、若手がイキイキとしている中ではしんどいのかもしれないですね。

そして、金子選手と言えば、『誠』の応援新撰組の『誠』の名の付いたプラカードを掲げたり、同じく法被を着たりして応援するスタイルが有名になりました。稲葉ジャンプに次ぐ『名物』が見られなくなるのは寂しい限りです。


突然の引退なので、どういうふうになるのかはわからないのですが、稲葉選手が登場する最終戦に一緒に出場することは濃厚でしょう。


また一人東京時代を知る戦士がいなくなってしまいました。しかもレギュラーで活躍していた最後の東京戦士なのではないのでしょうか。時代の流れを実感します。


お疲れ様でした。残り試合全力で向かって下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52404134

コメントする

名前
 
  絵文字