2014年10月01日

氷菓のスタンプラリーがキター!

秋のJR東海は攻めまくってますなぁ。
中信(中央本線)を巡る「中山道トレイン」(名古屋~奈良井)、奥三河・遠州・南信(飯田線)を巡る「飯田線秘境駅号」。いずれも鉄道ファンにはたまらないですし、紅葉を見るには絶好の時期でもあるため、旅好きの人にもオススメなプランです。

そこに、今回(というより今日から)新たなツアーが加わりました。元々ある「飛騨路フリーきっぷ」に「氷菓スタンプラリー」が加わったのです。
こちら、「飛騨路フリーきっぷ」を購入した際に「氷菓スタンプラリー」の台紙引換券がもらえ、その台紙引換券を高山市内にある小鳥屋商店で引き換えます。引き換えてもらった台紙にスタンプラリー対象箇所7ヶ所中3ヶ所以上集めると、ホテルアソシア高山リゾート受付で描き下ろし限定ポスターと引き換えてもらえるという仕組みです。このポスターは2000枚限定ということなので、もしかすると早い時期で無くなってしまう可能性も無きにしも非ず。ただ、「飛騨路フリーきっぷ」を買わないともらえない特典でもあるので、早々には無くならないだろうと思ってはいます。
このイベントは来年の3月いっぱいまで行っていますが、先述の通り限定ポスターが欲しいという方はお早めに。

ちなみに、「飛騨路フリーきっぷ」は、「ワイドビューひだ」の普通車指定席が利用可能(往復1回ずつ)なだけでなく、JR線フリー区間(下呂~飛騨古川)内であれば、特急・快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由になっています。
それに加え、「レール&奥飛騨バスコース」を選んだ場合、バスフリー区間(濃飛バスの平湯・新穂高線)が乗り降り自由に加え、「飛騨路フリーきっぷ」のかえり券を提示すると白川郷線が1割引になります(ただし要予約)。
また「レール&タクシーコース」を選んだ場合、指定のタクシー会社のタクシー乗車引換券(6000円分)がセットになっています。なお、タクシー乗車引換券が利用できるのは、下呂駅・高山駅・飛騨古川駅のみとなります。
この「飛騨路フリーきっぷ」は人数が多いほどオトクになるので、行くなら多数ですけど、ぼっちには関係ないね(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52404543

コメントする

名前
 
  絵文字