2014年10月27日

秋の新機種2014 au編 前編

秋の新機種、今回からauの機種紹介です。
今回は機種紹介はないだろうと思っていたら、今日いきなり発表を行いまして、全部で6機種となりました。そしてこの発表の際に新機能・新サービスも発表されました。


まず、auでもVoLTEを始めるという点でしょうか。
現状対応機種は2機種のみで、他機種でのアップデート対応や他キャリアとの対応は現状なしとなっています。この2機種に関しては国内では3Gが使えないというふうになります。
また既に他キャリアが行っている通話音質の向上・呼び出し時間の短縮・音声通信とデータ通信の同時使用だけでなく、相手との画面の共有(写真だけでなく、地図なども共有)ができるシンクコール、最大30人まで同時通話が可能なボイスパーティーが追加されています。この新機能があるため、他キャリアでの使用は不可となっているのでしょうね。
なお、VoLTEにはカケホとデジラという現行のプランとLTEプランという旧プランで対応可能ということです。

そして、今年5月からサービスを開始した「au WALLET」にクレジットカード機能(Visa)が付加された「au WALLET クレジットカード」のサービスを開始します。auユーザーであれば年会費・発行手数料は無料となっています。
ポイントは「au WALLET」とは異なり、200円で2ポイント付加されます。もちろん公共料金やケータイの支払いにも対応しています。

さらに通信面ではWiMAX2+のキャリアアグリゲーションに対応となっており、下り最大200Mbpsとなりました。ただ、同時に既存のWiMAXにおいて、これまで下り最大40Mbpsだったところが下り最大13.3Mbpsに変更となるので注意が必要です(施行は2015年春より)


それでは新機種の紹介です。まずはスマホ国内機種の紹介です。


①Xperia Z3 SOL26
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。ベースとなっている機種は海外モデルのXperia Z3OSはAndroid4.4
2070万画素のCMOSカメラはISO12800に対応しており、光の少ない場所でもくっきりと撮影ができるようになっている。またARの3Dオブジェクションを利用して動画や静止画を加工できるようになったり、多方面の撮影を1画面に表示できるようにもなっている。またPS4のゲームを遊べる「PSリモートプレイ」にも対応している。

個人的感想
この機種、基本的な機能はドコモとソフトバンクから出している同社製のものと同じ。ゆえに、キャリアで選べばいいというふうになるのかもしれない。それでも今回出る機種の中では高品質の機種になるので、高い性能が欲しいという人にはオススメ。なお、VoLTEは対応していないので注意。この機能が欲しい場合はドコモの機種を選択するしか現状ない。


②URBANO V01
5インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。
VoLTEに対応したことに伴い、スマートソニックレシーバーもVoLTEでの聴取の際、最適になるようチューニングされている

個人的感想
この機種に関しては、基本的には今年の春に紹介されたURBANO L03と同じ。そのため、防水・防塵・耐衝撃といった面での強さは同じと言ってもよい。大きな違いがあるのはVoLTEとカラーリングのみなので、VoLTEが不要な場合は、前機種でも十分だと思われ。


次回は海外メーカーの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:08│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52407759

コメントする

名前
 
  絵文字