2014年11月08日

秋の新アニメ2014 ベスト

今回の秋作品のランク付けをしていこうと思います。
今期は豊作を感じさせるふうでしたが、それを実感したのは数話進んでから最初は大丈夫いかいなと思うほどでしたから、今回はよく頑張ってるなと思います。それゆえに、今回選ぶベスト作品はどれを選ぼうか迷ったほど。悩みましたね。なお、今回もベスト3・ワースト3で見ていこうかと。


そんな混戦を制したのが、今回のトップ「SHIROBAKO」です。
正直後がないんじゃないかと思われたP.A. WORKSの起死回生の一打だったと思うんですよ。その役割を見事果たしただけでなく、同社制作の作品の中で一番の作品になりかねないくらい面白い毎回ヤマが用意されているし、キャラも愛憎が沸いてくるほど個性的。さらに、業界あるあると言える作品となっているのですが、そのあるあるが妙にリアル(苦笑)。見ていると、それが制作者側の演出の可能性であっても、あり得そうだと思えてならないんです。それだけ作品の中に緊迫感もあるんですね。
この先まだまだ面白くなる要素もあるし、主人公と高校時代の仲間達が追い掛けている自身が製作して出演もするアニメ作りはまだまだ先の話になっているので、そのあたりも描かれる頃には、もっとすごいことになってるんじゃなかろうかとも。

第2位は、「異能バトルは日常系のなかで」
こちらは頭の中を常に空っぽにして見られる癒し系作品(笑)。テンポもいいし、主人公のバカっぷりが好感できますね。ヒロイン達も何だかんだ言って主人公のことを慕っているわけですし。
今後この作品は少々シリアス要素を噛ませながら、主人公とヒロイン達の関係を掘り下げていくんでしょうけど、今放送しているくらいのバカやってくれても十分いいと思いますよ。エンディングのアニメーションも結構好きです。トリガーなかなかやるな。

第3位は、「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」
色々悩んでこの作品を3位につけました。この作品に関しては賛否両論言われておりましたけれども、個人的には毎回面白いなと思います。
主人公の半端ない世間知らずっぷりとその境遇の落差には驚かされるばかり。そして毎回見どころがありムダ回がないんですね。遊び回がないので、作品そのものが非常に引き締まっています。あと人がよく死ぬ(苦笑)。3話まで誰かが死んでるシーンを描くというのは、精神的にどうなんだと。
とにもかくにも主人公の変わりようが面白い作品です。個人的には、次回予告が水樹さん出演のラジオ番組のノリに無茶苦茶似てるなと。こういった作品は、ニコ動でやってほしかったけど、なぜやってくれない(泣)。

次点は、「グリザイアの果実」
「魔弾の王と戦姫(ヴァナディーズ)」・「四月は君の嘘」・「甘城(あまぎ)ブリリアントパーク」と悩んだ末にこの作品に。
原作付PC作品の中で、随一の良作ではないかと。毎回個性的なヒロインの内幕がよくわかるように演出がされていますね。それでいて主人公も個性的個性的なキャラ同士がぶつかり合いながらも自身の内面に向き合い、その黒い影を振り払う展開が個人的には好きですね。


次回はワースト作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:38│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52408936

コメントする

名前
 
  絵文字