2014年11月27日

当然と意外

正直あなたのやりたいことがわかりません、ラモス監督。


J2のFC岐阜が6人の選手とは契約を更新しない方針(戦力外通告)を出しました。
対象者は敬称略でGKの時久省吾、DFの田中秀人・森安洋文、MFの須藤右介、そしてFWの中村祐輝とナザリト。そして公式発表はないものの、一部新聞報道でMFの三都主アレサンドロ選手もラモス監督の構想外になるため退団になる可能性があると報じています。


まぁ、ラインナップを見る限り、成績面を見ても切られて当然の内容。特にGKの時久さんに関しては、川口選手という大きな壁を越えなければならないので、相手が悪い面もありますね。
しかし、一つだけ納得できない点があります。ナザリトを戦力外で放出したことです。
ナザリトは今年大活躍をした選手。負けるかもしれない時に得点を入れて危機を救ってくれたと思いますし、何より岐阜のJ2残留を果たした原動力となってくれたので、今後の岐阜にとってかけがえのない選手だと思っていました。それなのにこの仕打ちはあんまりではないのでしょうか。
どうやら、噂レベルではあるものの、海外移籍も含めた移籍が決まっているないしは決まらんとしているのではと言われています(実際彼のコメントから日本に残らないことを含ませた文言が見られる)彼のポテンシャルならどこでもやっていけると信じております。だからこそ、岐阜というチームがあったこととそこで心から応援してくれたファンがいたことを忘れないでほしいです。

しかし、赤字の可能性があるとはいえ、切っていい選手といけない選手の線引きもできないのかと。個人のわがままだったとしたら、半年ないし1年は我慢させて、それからどうするのか考えさせてもよかったのに。本当にラモス監督は何をしたいのかわからないです。
仮に今の戦力の底上げをするのなら、その核になる選手がいて初めて成り立つというもの。川口選手やヘニキ選手では弱い。同じFWでも難波選手だけでは弱いと思っていました。ナザリトがいて初めて一本の線となるのに、これだもの・・・。
フロントもなぜ止められなかったのか。Jトラストにとって、サッカーは単純に自分達の名を上げたいだけの『客寄せパンダ』としか考えていないのか。そのあたりははっきりとしてもらいたいです。せっかくここまで地域貢献で盛り上げたのなら、なぜ戦力となる選手を切るのか教えてほしいです。三都主選手じゃないですよ、ナザリトのことですよ。前者は切られて当然、後者は切られて意外なんですよ。恐らくファン・サポーターの十中八九そう思っていますよ。


来年の見る楽しみが無くなってしまったかのように感じます。もちろん、まだ魅力的な選手はいますけれども、今年のように盛り上がって見られるのか、名古屋から岐阜まで行こうと思わせるほどという意味での自信は正直ないですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:51│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52410770

コメントする

名前
 
  絵文字