2014年12月02日

レコゲー2014 12月 据え置き機編②

レコゲー、ここからは各ハードの注目作の紹介です。今回はWii Uから。


最初は何と言ってもスマブラ最新作大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
9月に発売している3DS版とは連動するようになっており、このソフトの挿してある3DS本体はコントローラー代わりにもなるとのこと。細かい追加要素もあるのですが、主だったところは、イベント戦の深化・最大8人までの乱闘・ワールドスマッシュというMiiを利用して進めるモードなどがあります。
なお、この作品はゲームキューブのコントローラーとの親和性が高かったため、そのコントローラーを使えるようにしてほしいという声が高かったのですが、今作この要望が叶うことになりました。この作品のために変換ポート(ゲームキューブコントローラ接続タップ)が同梱されているソフトが発売される他、同作品発売を記念したコントローラーも発売されます。

続いては、ソニックトゥーン 太古の秘宝
仲間との絆をキーワードにしたアクションゲーム。古代から伝わる秘宝「クリスタル」を集め、ソニックのミスで解き放ってしまったリリックを封じ込めるのが目的です。
今作では探索とバトルに特化しており、ソニックなど4人のキャラには固有のアクションが用意されています。
さらに、Wii U GamePadがあれば2人で協力プレイができ、最大4人までならバトルロワイヤルモードが楽しめます。
なお、3DS版との連動機能が用意されており、リング所持数アップやスペシャルスキルを得られるようになっています。このスペシャルスキルは進行度合いによってより高度なものが手に入れられるとのこと。

最後はウォッチドッグス
既に他のハードで発売しているこの作品、遂にWii Uでも登場することとなりました。
Wii U版では、Wii U GamePadを活用することができる他、同機体のポテンシャルを最大限発揮したものになっているとのことだそうです(そのため、ユービーアイソフトのモントリオールスタジオで他機種版は開発されているのに対し、Wii U版は同社のルーマニア(ブカレスト)スタジオで開発されている)。


次回はPS3の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:24│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字