2015年02月07日

冬の新機種2015 ワイモバイル編

冬の新機種、ここからはワイモバイルの新機種紹介です。
ワイモバイルに関しては、ソフトバンクへの合併が全てですね。合併後もブランドは存続されるということですけれども、個人的には、いずれ吸収されてPHSは消滅するのではないかと思います。日本の技術であるPHSではあっても、時代遅れの技術になっているのは確かなので。震災時のインフラとして活躍したとはいえ、それは通信網に余裕があったがゆえの結果であって、今後十分にインフラが進めばPHSの活躍はますます少なくなるのではと思っています。
なお、2/24からワイモバイルのアドレスがソフトバンクに移行した際には引き継ぎが可能になるのだそうな。


それでは新機種の紹介です。今回は3機種(PHS1機種・W-CDMAタイプ1機種・モバイルWi-Fiルータ1機種)となっております。


①Heart 401AB
0.9インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。
ボディの一部がツイストできるようになっており、そこを回すとハート型のケータイになる。ダイヤルはタッチ式になっている。

個人的感想
この機種は少々特殊な位置付けになっていて、使える機能は通話のみ。さらにモノクロ画面になっているのでメールさえも使えないふう。かなり制約のある機種ではあるが、スマホを利用しているのなら、セカンドフォンとして使うことを想定しているので、この機能制限は納得できるのかもしれない(逆に単体で持つと厳しい)。なお、電話帳の登録は専用のアプリが用意されているので、それでサポートすることになる。


②Spray 402LG
韓国のメーカーLGエレクトロニクスから発売される4.5インチTFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。
特定の操作(画面タップ)を行うことでホーム画面を表示できるノックコード機能・電源キーを押さなくてもスリープ状態を解除できるノックオン機能を搭載し、予備バッテリーとバッテリーチャージャーが同梱されている。

個人的感想
機能面ではあまり大きく飛び出たものはないが、久しくなかった電池パック取り外し型のスマホになっているため、元々それなりの容量のバッテリーがありながらも2つ用意されるので、いつでもフル充電で交換できるのは大きい特徴になっている。


③Car Wi-Fi 404HW
中国のメーカーであるHuawei(華為技術)から発売されるモバイルWi-Fiルータ。モバイルWi-Fiルータとしては珍しい車載用で、シガーソケットから電源を供給される方式を採っている。
USBケーブルが挿し込めるようになっており、スマホの充電機能としても活用できる。

個人的感想
この機種、車載電源から供給できるので、外から電源が供給できないところで重宝しそう。もちろんモバイルWi-Fiルータとしての機能もあるが、充電器として使用できるのも大きい。助手席に座っている人がスマホを利用しながら充電といったこともできるので、スマホの機能を使い倒しながら目的地に向かう時に便利。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:44│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52417486

コメントする

名前
 
  絵文字