2015年03月20日

JUNK、関西で再び

TBSラジオで放送されている「JUNK」。『お笑い芸人達が手掛ける本気の番組』をコンセプトにして放送されているもので、2002年の放送開始以来13年も続く人気番組ではありますけれども、全国ネットとはいえ、北海道のHBCラジオ(北海道放送)、福岡のRKBラジオ(RKB毎日放送)、沖縄のRBCiラジオ(琉球放送)とキー局のTBSラジオ4局でしか放送していないため、圧倒的に「オールナイトニッポン」(ニッポン放送をキー局に全国36局ネット)が強いとも言えるわけです(苦笑)。


そんな「JUNK」、かつては関西圏でも放送していた時期がありました。2009年~2014年まで大阪にあるABCラジオ(朝日放送)がネットしてしていたのです。
「JUNK」をネットする前までABCラジオは自社制作の深夜番組を放送していたのですが、丁度この時期、地デジ放送の移行期間ということもあり、自社製作にカネを掛けられない時期でもあるとされていました。現に一部の放送局では平日の終夜放送を取り止めていたところもあるくらい苦境に立たされていたところもありました。

そんな経緯もあり、ABCラジオは自社制作を取り止めてまでネットしていたのですが、2014年にradikoプレミアムが開始されるということもあって、放送局の独自色を求める動きが強くなってきたからなのか、関西圏では東京制作の番組を敬遠する動きが作用したからなのか、深夜枠の自社制作枠を復活させることになったため打ち切りとなりました。事前報告がTBSサイドに入ってなかったのか、「月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」を担当している伊集院光さんが、「大阪てめぇーこのー!」と恨み節を言っていたのが印象的でしたね(まぁ、茶化して言ってるのが半分だと思いますけれども(汗))。


それ以降同じ大阪のMBSラジオ(毎日放送)がネットするわけでもなく1年間関西は空白域に再びなったわけですが、先日思わぬところからネットの挙手があったのです。それがあのラジオ関西から。

ラジオ関西は兵庫県にある兵庫県をエリアにしている放送局なものの、周波数が558KHzと低く設定されているかつ出力20kwと高出力なのも相まって実質関西圏をネットしている放送局(ただしradikoの対象区域は兵庫県と大阪府の2府県のみ)でもあります。
ラジオ関西は元々NRN(全国ラジオネットワーク。ニッポン放送と文化放送が主体となって行っているネットワーク)に加盟していた放送局なのですが、巨人戦のナイター中継を巡ってNRNを脱退し独立局に転嫁した経緯のある放送局でもあります。基本的に独立局がNRNやJRNの番組を流したいと思った場合、番組販売という文字通り番組を買うという行為をするため、結構大変だと言われています。ただ過去の経緯もあり、NRNとの繋がりが深いラジオ関西では「オールナイトニッポン0(ZERO)」などのNRNの番組を流すのはわかるのですが、JRN(Japan Radio Network。TBSラジオが主体となって行っているネットワーク)系のラジオ番組を行うのは極めて異例だと思います。もちろん全く関係がないというわけではないのですが(「全国こども電話相談室」をラジオ関西でネットしていた時期があるため)。


ただ、今回ラジオ関西は結構力を入れていきたいのだなと思わせるふうでもあります。今回のネットに伴い、深夜枠は大改編になり、木・金は1時台・2時台の「アニたまどっとコム」を無くす(正確には一部番組を移動させる)形となります。アニラジの放送をメインにしていた同局としては異例の処置ともなるわけです。


今回の改編で、雑音の中聞いていた・radikoプレミアムに加入してTBSラジオなどのネット局を通じて聞いていたリスナーにとっては朗報となるでしょう。私自身も関西復帰・ネット局が増えるということはうれしいことではありますが、また一つ独自色のあるネット局が無くなるのは残念ではあり、少々複雑な思いがありますね(ちなみに、25:00以降にTBSラジオ・文化放送・ニッポン放送以外のAMラジオで自社制作を行っているのは、25:00に放送を終了するぎふチャン(岐阜放送)を除き、ラジオ日本・MBSラジオ・ABCラジオの計3局のみとなります)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52421108

コメントする

名前
 
  絵文字