2015年05月16日

名駅超高層ビル群に激震!?

まさに急転直下の出来事だわ・・・。


JR桜通口に建設中のJRゲートタワー。こちら、2017年2月完成、同年4月に稼働予定となっている超高層ビル群の一つとなっています。
この中には、メインテナントとしてJR名古屋高島屋・名古屋JRゲートタワーホテル・三省堂書店・市バスターミナルが入居することが決まっており、さらにメインテナントの一つとして東海地方では初めてとなるヨドバシカメラが出展予定となっていました。
ところが、そのヨドバシカメラが出店を取りやめただけでなく、JR東海の子会社でJRゲートタワーの運営会社であるジェイアールセントラルビルに対し、預託していた予約金と納期遅れで約束が守れなかったことに対しての違約金を支払うように名古屋地方裁判所に提訴していたことが明らかになりました。

こうなった理由は、正しく単純、工事中に発生した施工ミスによるもの地下工事の際に起こった壁面の一部が崩落する事故が発生したため、当初2016年に完成予定だったのが1年2ヶ月遅れる結果となりました。


今回出店予定だったヨドバシカメラは、ヤマダ電機などの競合を経て獲得したもので、JRゲートタワーの9F~11Fに入居することになっていました。
しかし、ここで終わらないのが今回の騒動。何と空いたテナントに入ることが決まったのは、名駅太閤通口(西口)に居を構えるビックカメラ西口の店舗はそのままにして桜通口(東口)にも居を構える複数店舗体制を採ることになったのです。ビックカメラサイドはリニア開通によって東西に店舗を構えても儲けられると踏んでいるようです。
実際のところ、関東圏の店舗の中には池袋や新宿のように駅の東西に複数店舗を構えて黒字を維持している例もあります。ターミナル駅は商圏が広がりやすく、大量の客が遠方からやって来るためです。
この商圏が広いという例で見れば、既に名駅にあるJR名古屋高島屋が証明しています。名古屋市内以外にも、愛知県のほぼ全域・岐阜県と三重県のJR(東海道本線・中央線・関西本線)・名鉄(名古屋本線)・近鉄(名古屋線)沿線の集客も果たしており、JR名古屋高島屋がオープン以降、売上首位の座を明け渡したことはほとんどありません。名駅がターミナル駅としての機能を果たしているのと同時に、巨大な商圏を作り出していることも明らかです。


ただ、個人的に思うところがあって、ヨドバシカメラの出店断念は残念でなりません。
競合店が増えることで切磋琢磨が起こって、サービスがよくなったりするんだと思うんですね。ただ、今回ビックカメラが出たことで、サービス面の進化や深化は望み薄だと思いますし、少なくとも窮地に陥る家電量販店だけを生み出すのではと思います。
また競合を行った意味も薄れてしまった感が。正直工事中に行うんじゃなく、完成間近に出店募集を行った方がいいんじゃないかと思ってしまうほど。現実無理とはいえ、今回のヨドバシカメラのような結果になったら、双方目も当てられない。


しかし、このJRゲートタワーもそうですが、隣のJPタワー名古屋も施工ミスで完成が遅れているんですね。こちらは下水管が壊れ漏水したもので、漏水が名駅地下にあふれ、東山線を一時部分運休にさせることになったというこの事故は下水管の付け間違いという単純なミスが原因だったようです。


いずれにしても、これ以上おかしなことになってテナントが逃げるようなことになってしまえば、名古屋の経済にも影響を与えかねないわけで。ただでさえオフィスの空き部屋が増えるかもしれないというのに、商業テナントも空きだらけ・・・なんてなったらシャレにならないですよ。完成するまできちんとやって下さいね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:09│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52427995

コメントする

名前
 
  絵文字