2015年05月22日

夏の新機種2015 ドコモ編③

夏の新機種ドコモ編、3回目はタブレットおよびAndroidがOSになったガラケーの紹介です。


⑦Xperia Z4 Tablet SO-05G
10.1ワイドQXGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid5.0。
世界最薄・最軽量を達成(薄さ約6.1mm・重さはグローバルモデルで約393g)している。それでいてIPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵機能を搭載している。さらにPREMIUM 4GとMIMO双方に対応している。

個人的感想
10インチタイプのタブレット端末で最薄・最軽量なのは、使い勝手重視のユーザーには魅力的なポイントだと思う。さらに、オプションではあるもののキーボードもあるので、使い勝手のいいノートパソコンとしての役割も果たせるかもしれない。microSD端子はキャップレスになっているので、充電もしやすくなっている。
思った以上に使い勝手がいいので、タブレットを始めて買う人にも長く使えるいい機種かもしれない。


⑧AQUOS PAD SH-05G
7インチワイドQXGA IGZO液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid5.0。
シャープから発売されるAQUOS ケータイ SH-06Gとの連携が可能になっている。またPREMIUM 4G・MIMOに対応しているだけでなくVoLTEにも対応しているので、この端末自身でも電話が可能になっている。

個人的感想
この機種は7インチタイプのタブレット端末では世界最軽量(210g台の予定)となっているものの、それでいてほぼ全面が画面になっているというふうなので、コンパクトさという面では、この機種はオススメしやすい。さらに通信面での強化も図られていて、PREMIUM 4G・MIMOだけでなく、無線LAN(Wi-Fi)とLTEの同時接続であるデュアルスピードモード・Wi-Fiの出力が弱い場合にスムーズにLTEへ切り替えることのできるスムーズチェンジモードも盛り込まれているので、シーンに合わせた状況対応もできるようになっている。


⑨ARROWSケータイ F-04G
3.4インチフルワイドVGA TFT液晶を搭載した折りたたみ型のケータイ。OSはAndroid4.4。
1700mAhの大型バッテリーを搭載し、「スーパーはっきりボイス4」・「あわせるボイス2」にも対応している。

個人的感想
機能面ではこれまでのケータイと変わらない面が多いものの、Androidに切り替えたことで、ドコモメールやLINEに対応できるようになった。また充電端子がmicroUSBに切り替わっているので、従来のケータイから機種変更をする際には注意が必要。なお、今機種ではワンプッシュオープンが復活したので、使い勝手は向上している。


⑩AQUOS ケータイ SH-06G
3.4インチQHD TFT液晶を搭載した折りたたみケータイ。OSはAndroid4.4。
シャープから発売されているAQUOS PAD SH-05Gとの連携が可能で、タッチパネルのように操作できるタッチクルーザーEXワンプッシュオープンを搭載している。

個人的感想
この機種もARROWSケータイ F-04Gと同じくAndroidに切り替えたことで、ドコモメールやLINEに対応できるようになった。さらにAQUOS PAD SH-05Gとの連携ができることで、Google Play・dマーケット非対応になっているこの機種の弱点をフォローできるようになってもいる


次回はauの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:38│Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52428554

コメントする

名前
URL
 
  絵文字