2015年06月08日

トリケラトプスの新種を発見!

カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館は新種のトリケラトプスを発見したという論文を発表しました。

それによれば、白亜紀後期(6800万年前)の地層から出てきた大型草食動物の化石は、種類的にはトリケラトプスに近いものの、鼻の上の長い角や王冠のような襟飾りの構造が独特であるとして新種に分類したとし、名前をレガリケラトプス(愛称はヘルボーイ)としたそうです。
このレガリケラトプスは、トリケラトプスの鼻の上にある角より目の上にある2本の角の方が長くなっているのとは違い、鼻の上の方の角が長く、進化の過程を知る上で非常に重要な役割を示しているのではないかとされています。
ちなみに、発掘されたのは2005年。10年掛かりの大研究だったんですね。


・・・と、ここで終わってしまったら、単純な恐竜新種の発見なのか、そうなのかと終わってしまう(爆)。この論文には『オチ』があったのです。

実は、この論文の謝辞に一人の若手男性研究員が同僚の女性研究員に対し、プロポーズの言葉を書いていたのです。そのことを知ったアメリカの科学誌カレント・バイオロジーの編集員は、公表する当日に彼女に見せたところ、彼女は驚いて絶句したものの、プロポーズにOKしてくれたのだそうです。


・・・やるな、ヘルボーイ(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:22│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52430263

コメントする

名前
 
  絵文字