2015年06月26日

夏コミまでには間に合わなさそうです

・・・今のところ、自分自身の頒布物でやりたくないわね(爆)。今回は、落としてしまったお詫びじゃなくて、新しい商品の話です。


コミケなど同人誌即売会のスペースというのは、長机の半分程度しかないのが一般的です。そうなると、新刊など頒布物が多いと、平面では足りず、立体的に物を置けるようにしないと・・・となっていくわけです。そうなると、100円ショップで台所で使うような商品やオフィス用品を買って工夫したりして作るということをしないといけません。コミケの場合、製作のノウハウを伝授してくれることもありますが、基本的に試行錯誤することになります。

できれば、商品として売ってはくれないか・・・という時に登場したのが、今回紹介する「ダンダン段ボール」です。
この商品は、同人誌の印刷などを手掛ける会社しまや出版がクラウドファンディングを利用して販売を展開したものですけれども、見事に予定金額を達成したので、一般売りも決まりました
この商品は、名前の通りダンボールでできた商品棚で、限られたスペースで簡単に組み立てられるものをという声から生まれたものです。
大きさは、高さ295mm・幅370mm・奥行き335mm(完成時)で、A5・B5サイズなら2冊・文庫本サイズなら3冊置ける幅になり、それが2段設けられています。その2段の本置き場には落ちないためのストッパーも設置されていますが、その幅にはスペーサーを挟めるようにもなっていて、雑貨や小物類を展示する時にも重宝するようになっています
さらに「ダンダン段ボール」の裏側はスペースが設けられており、そこには小銭入れや飲みかけのペットボトル飲料を隠しておくためのスペースとして活用できます。
ダンボール製でありながら、繰り返し使用できるように想定されており、専用のケース付(高さ310mm・幅450mm・奥行60mm)


敢えて問題点を挙げるとすれば、耐久性と防水性の点だけだと思いますが、基本書籍を載せることが多いと思うので、たくさん載せたり重い金属性のものを載せることはないだろうと思いますし、水に触れることはそうないと思うので、飲料水などをこぼさなければ大丈夫だと思います。


しかし、こんな素晴らしいものをいち早く手に入れたい・・・と思っても、残念ながら夏コミの終了後になる8/30から一般販売開始(2980円(税別))とのこと。クラウドファンディングに出資した方は8月中旬からということですが、それでもコミケには間に合わないんだろうなぁ・・・。まぁ、買った方は冬コミや他のイベント対策に是非。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) ドージンワーク 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52431789

コメントする

名前
 
  絵文字