2015年07月29日

夏の新アニメ2015 ベスト

今回の夏作品のランク付けをしていこうと思います。


まぁ、今期は面白い作品は確かに面白かったというふうでした。いい意味で安定、悪い意味で冒険していないとも言えるわけですが。でも、混戦なんですよ。今期もいい作品をセレクトするのに悩みました。頭・ハナの差でこうなったと思って下さいませ。例によって例のごとくベスト3・ワースト3で決めていこうと思います。


春同様混戦になった今期のトップになったのは、「それが声優!」
この作品は「SHIROBAKO」のように業界事情を明かす作品(または業界あるある作品)なんですけど、話もまとまっているし、見ていて面白いんですよね。キャラもきちんと個性が立っているし、それでいてぐちゃぐちゃになることもない。時にシリアスな側面を見せて硬軟もきちんとしているので、見どころいっぱいです。特に個人的にお気に入りなのは、エンディングペープサート(キャラの描かれた紙を割りばしなどの棒にくっつけて動かすもの)状のキャラがその回の解説とリクエスト曲を自身のラジオ番組上で展開するというもので、曲というよりもラップに近いといのか、解説そのまんまというのか(苦笑)、とにかく斬新なのは言うまでもなく、これだけ見たいがために毎回観ているんじゃないかと錯覚してしまいそう(爆)。イヤホンズの今後にご期待しながら視聴していこうと思います。

第2位は「Charlotte」
開始前から期待していたので、ド定番・ド鉄板だったのですが、始まったら始まったでちゃんと作品は成立していることもわかってひと安心でした(笑)。何より主人公のゲスっぷり(仲間になってからは抑えている・・・というより流されてる(ギャハ))・ヒロインのサドっぷりが光る(爆)。「それが声優!」のキャスト陣にも負けず劣らずの個性の塊で、ある程度のキャラ性格の住み分けはできているんじゃないかと思われ。個人的には「西遊記」的な話になるんじゃないかと思っておりますけれども、4人の主要キャラが揃った今後どういうふうに流れていくのかが気になりますね。

第3位は「WORKING!!!」
シリーズモノをここまで押すのは非常に珍しいのですけど、理由は単純。3期になってもド安定なところですね。知っているからこそ安心して見られるわけではなく、初めて見る人にもほぼ安心なような作りにしている点を評して、この地位にいるものと思って下さい。この作品いよいよクライマックスに向かっていくのですけど、それが惜しいと感じてしまうくらいです。なおアクも強くなく、それでいて魅力的な作品進行がポイントでもあります。

次点は「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」
これはひどい(ホメ言葉)。キャラがすっちゃかめっちゃかしているにもかかわらず、嫌味ったらしくなく、非常にアクの強い構成・内容なのにもかかわらず、30分があっという間に感じられるほど。そして、キング(スタチャ)やっちまったなな映像表現と話題は尽きないですね。正直人を選ぶ作品なのは間違いないので、この地位ですが、悩みに悩んで映像メディア予約してしまったよ(爆)。第4話を見て予約してよかったと確信したんですけど(ギャハ)。個人的には、すみぺ(上坂すみれさん)にあのエンディングは訴えられてもおかしくない(ホメ言葉)。


次回はワースト3の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52434778

コメントする

名前
 
  絵文字