2015年10月24日

なまずまつりに行って来ました

今日(10/24)と明日(10/25)に岐阜県羽島市で行われる「なまずまつり2015」に行って来ました。
場所は羽島市の駅前大通りと竹鼻商店街の2ヶ所で、今回は駅前大通りに行って来ました。こちらがメインみたいですしね。
ちなみに、駅前大通りとあります『駅前』とはJR東海道新幹線の岐阜羽島駅と名鉄羽島線の新羽島駅を指します。JRの方が開業は早く(1964年)、名鉄は後(1982年)になるという珍しいパターンになっています。今回ここまで来たのも、名鉄から。名鉄本線からの接続はそれほど悪くはなかったものの、それでも名古屋から1時間くらいかかります(汗)。ただ、新幹線なら同じく10分もかからないんだよねぇ(苦笑)。倍近い値段するけど。


SHL23_1988そんな駅前には、新幹線開業に尽力した大野伴睦(ばんぼく)元衆議院議員夫妻の銅像が建立されております。丁度、岐阜羽島駅を指差し何か話しているかのような出で立ちで。



さて、そんな「なまずまつり2015」最大の目的は、近大なまず
会場に入る前から抽選販売をしていくことはわかっていたものの、並ぶ場所は決めてなかったわ抽選人数の数を見誤っているわ、とにかくグダグダ。しかも、抽選券をもらったはいいものの、30分待たされた挙句1人1人引くという形ではなく下1ケタの番号で決めるという悪辣ぶり。じゃあ、抽選券の意味は何なんだと。商工会の対応も悪い感じがしたので、次並んでまで・・・というふうになりましたよ。羽島市の人達はこうもいい加減なのかと思われたら最後ですよ、ホント。


SHL23_1989仕方ないので、なまず鍋を頂いてきました。1日1000杯なので、お昼くらいまではあったんじゃないかと。
真ん中にちょこんと乗っているのが、なまず(フライかフリッター状になっている)。



ちょこんとしているせいか、それほどなまずの味はしなかったです(ゆえに、泥臭いというふうでもなかったが)。ただ、なまず鍋のベースになっているみそ汁が結構美味しかったです。


SHL23_1990そのそばで買ってきたのは、なまずのフライ。味は、ソース・味噌・ドレッシング(ポン酢みたいなものらしい)の3種類。



こちらも淡白な味ですが、身のホクホク感はうなぎには無いものですね。


SHL23_1991今回の「なまずまつり2015」では、三陸産のさんまが振る舞われました。今年さんま高いからね、タダで食えるのは貴重だわい。
写真には写っていませんが、一緒にだんごも無料で振る舞われました。今日だけのスペシャルイベントと言っても過言ではないでしょう。
ちなみに、このさんまが振る舞われた時、早く捌きたいというのもあるのでしょうけど、右頭になっていたんですわ。そのまま撮ってもよかったんですけど、某議員のようにはなりたくなかったので、左頭に直しております(苦笑)。しかも、私がもらった少し後から、プラスチック皿の下にあるキッチンペーパーが無くなるという事態に。数は決まってたんですよね・・・。ここまでグダグダな運営は久しく見てないわ。



SHL23_1994最後は、駅前広場で販売していた「岐阜 飛騨・美濃けんとん焼きそば」
けんとんというのは、ヨモギとビタミンE入りの飼料で育った岐阜県産の豚で、柔らかい肉質が特徴だそうです。



その肉に関しては、結構入っていたのですが、確かに柔らかい。そして肉の味もすごくいい。食べていて肉の旨味と甘味を感じましたよ。麺も独特の風味があって、美味しかったと思いますね。


SHL23_1998最後は、赤十字が来ていたので赤い羽根募金の対象者(1口300円)でもらえたクリアファイルをば。
左は今年(2015年)バージョンの初音ミク。右はFC岐阜2015年初頭のメンバー集合写真。この他にもデッドストックとして昨年の物が若干数あるようなので、興味のある方は是非に。
ちなみに、この祭りでは「萌えキャラ」コーナーと称し、岐阜県内で展開されている萌えキャラが集合しております。しかし、岐阜はマンガ・アニメ系で盛り上げたい節があるのか(ニヤニヤ)?



朝早くから来て、収穫はそれなりだったこともあり、もう1か所行くかとなり、駅前のバス停からとあるところへ向かうことにしました。その場所とは、この後書いていきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:20│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 | アニメ・コミック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52442106

コメントする

名前
 
  絵文字