2015年10月24日

お千代保稲荷にも行ってきた

SHL23_1997岐阜羽島駅前のバス停から海津市のコミュニティバスに揺られて30分ほど。やって来たのは千代保稲荷神社通称お千代保(ちょぼ)稲荷です。
こちらは商売繁盛の神社で知られていますが、中でも沿道の店が豊富でかつ月末から月初にかけての振る舞いが非常に有名です。日程によっては非常に多くの人がここにやって来ます。



SHL23_1995そのお千代保稲荷で有名なのは、何と言っても、なまず・うなぎ・あゆ・もろこといった川魚料理。その中でもなまず・うなぎは超が付くほど有名です。
今回は「やまと」さんの「なまずランチ」を頂くことに。「やまと」は、秋篠宮殿下が来訪されたということでも有名な店です。
なまずは時価というのが普通で、大中小といった大きさもあり、結構価格面では高いという印象があるのですけれども、このなまずランチは1480円(税別)という安定した価格で販売されているので、なまずというものがどんなものかを知りたい人にはオススメの一品です。



味は、うなぎと違い少し淡白ながらも、かば焼き状にしているので、臭みは感じられなかったですね。一緒に添えられた汁物は、恐らく川魚のみそ汁なのではないかなと思っております。まさか魚が入っているとは思わなかったもの(笑)。

あと、このお千代保稲荷は串カツ・どて関係が美味しいので、いくつか店を構えているのですけれども、さすがにお腹いっぱいで匂いだけで満足してしまいましたわ(笑)。
実はこの串物、稲荷門東口にある方が1本80円なのに対し、稲荷門南口にある方は1本90円と微妙に価格設定が違うので、食べる時の参考にして下さい。


惜しむらくは、アクセスの悪さ東海地方がクルマ社会ゆえの弊害なんでしょうけど、にしたってバスが1時間に1本(状況によっては2時間1本になるケースも)は厳しいわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52442107

コメントする

名前
 
  絵文字