2015年10月27日

まーた野比玉子激怒な話題

私がよく引き合いに出す言葉の一つ、「ドラえもん」の野比玉子さん(のび太のママ)がよく言うセリフ「食べ物はおもちゃじゃありません」。今回も食べ物がおもちゃにされました。しかもギネスを狙うために


中国・揚州で開かれたイベントで、地元の名物である揚州チャーハンで世界記録を目指そうと4.19tのチャーハンを作り、見事世界記録を達成しました。
ところが、記録達成後に余ったチャーハンをゴミ収集車で回収しているという写真が中国版ツイッター「微博( ウェイボー)」で広まり、慌てた関係者が「残飯は食すには不適切な部分だったので、豚のエサとして処分した」と語りました、いや語ってしまいました
これを確認したギネスワールドレコード(ギネス記録を公認する組織)は、規約の中にある「食べ物は無駄にしてはいけない」に違反したため、その記録が取り消されるという異例の事態になりました。

ちなみに、この違反した分というのは、4.19t中150kg全体の約3%ほどですけど、調理方法(各調理場で少しずつチャーハンを作り、それを大鍋で合わせるというふう)を見ている限り、ちりも積もれば・・・ということなんでしょうね。また、中国の風習の一つでもある、たくさんの料理を振る舞った時には、美味しかったという意思を示すためにわざと残すというものがあり、それもあるのではと見る人もいます。


いずれにしても、食べ物を粗末にしてはいかんということです。特に皆で食べるという規定のあるギネスで、豚のエサにしたのは(結末はどうあれ)決して悪いことではないものの、規定をしっかりと確認しないといかんわね。


日本も残飯発生は大きな問題になっています。たくさん作ること・食べることをチャレンジした際には、ちゃんと最後まで残さず頂きましょう。そうしないと、また野比玉子さんがお怒りになりますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:34│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52442385

コメントする

名前
 
  絵文字