2015年11月20日

【指定席】東海道新幹線の検礼廃止【グリーン席】

新幹線や特急電車に乗っていると必ずと言っていいくらい行われるのが、検礼と言われる特急券(指定席券)・乗車券の確認。これは、その人がちゃんと指定された席に座っているのかどうか、キセル乗車は行われていないかなどを確認するために行われるのですけれども、その時席にいなかったり寝ていたりなどで検礼がスムーズに行われなかったり、検礼を行ったがために乗客が安眠を妨害された気分になるというふうになってしまうことも。そうならないために、名鉄のミュースカイでは乗車券と指定席券を挿しておくホルダーが前方座席(最前列席の場合は壁部分)に設置されており、車掌がスムーズに確認できるという配慮がなされております。ランプで確認できる場合もありますね。ただ、新幹線にはそんなものはないんですよね、昔から。


ところが、東海道新幹線を運行するJR東海は、新幹線での検礼を止めることを発表しました。実は、既にJR東日本やJR西日本は行っていたそうなので、やっとなんですね(汗)。まったくもう・・・。


どうしてそんなことができるのかというと、一つは「エクスプレス予約」というシステムで指定席を与薬する人が増えて、かつきちんとそれで乗ってくれる人が増えたため
もう一つはJR東海でも指定席券の販売状況や購入者の改札通過情報を携帯端末で確認できるようになったこと。こちらは、まだだったの・・・と思われるかもしれないですけど、実は東海道新幹線は東北新幹線などJR東日本の新幹線・JR西日本の山陽新幹線・JR九州の九州新幹線は駅の間隔が長いため携帯端末で確認しても齟齬が出にくかったのですが、東海道新幹線は駅間隔が短いため齟齬が出やすく、かつ他の席に座る事態も多いため検礼を続けざるを得なかったのです。この齟齬が端末の高速化である程度埋められるようになったので、今回廃止しようというふうになったわけです。
ただし、これまで通り自由席では行われる他、指定席などでも座っている席と違う場合は検礼は行われるので、指定席に座る際は正しい席に座りましょう。また空いているからといって、乗車券しか持っていない人間が指定席券に座るのはルール違反です。絶対に止めましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52444294

コメントする

名前
 
  絵文字