2015年12月09日

オ・スンファン、大ピンチ!?

阪神を自由契約になったオ・スンファン選手。今年の阪神の守護神として大活躍していたのは記憶に新しいところでしょう。契約更改が揉めに揉めたため、期限切れとなって自由契約となった・・・というふうなはずでした。しかし、本当はそうじゃなかったんじゃないのと疑われかねない窮地が彼に襲い掛かったのです。


何と、賭博に関わっていたとのこと。
といっても、非合法の野球賭博とかではなく、合法的な賭博オ・スンファン選手はマカオのカジノで賭博を楽しんでいたことで韓国・ソウル地方検察庁から捜査対象になってしまったのです。

実は、韓国では国内だけでなく国外でも多額の掛け金を伴う賭博行為が禁止されているのです。そのことを彼が知っていたのか否かはわかりませんけれども、いずれにしても掛けた金額がいくらかによって、裁かれる対象になりかねないというわけです。
オ・スンファン選手は掛け金は法律の範囲内だったと主張していますが、状況によっては来シーズンに間に合わない可能性もあります


これに慌てたのは阪神サイド。もちろんオ・スンファン選手の契約更新を最優先にしているとは述べていますが、先述の通り、オ・スンファン選手の取り調べが長引いた場合、阪神球団内からセレクトするか別の選手を補てんするしかないわけで。
前者の場合、かつて抑えを任されていた藤川球児選手がいるものの、先発で起用することを明言している点と抑えの感覚が戻るかという点で未知数。もちろん若手や中継ぎやセットアッパーで実績のある選手でもそういうことになるでしょう。そして後者の場合、何とヤクルトを自由契約になったバーネット選手を獲るというウルトラCも検討中とのこと。ただ、バーネット選手は大リーグ志望とも言いますし、仮に大リーグ入りができなくてもヤクルト残留で固めているという報道もあります。ただ、阪神がマネーゲームやバーネット選手の要望を呑んだ場合はどうなるかわかりません。それでも確実性はないのも抑えの怖いところ。これまたバクチなわけです。


まぁ、今回の件は金本知憲新監督には負担の大きい問題ですわね。チーム構想が大きく狂う事態になりかねないわけですし。ご愁傷様です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字