2016年01月18日

下町ボブスレー、クール・ランニングの仲間達と共に夢を追いかけることに

東京都大田区の町工場の人達が、持っている技術を結集して作り上げたボブスレーのそり。このボブスレーという競技は、『氷上のF1』と言われ、スピードが速いだけでなく、マシンの設計技術がモノを言う競技でもあります。そのため、ボブスレーのそりはF1メーカー(つまりは大手自動車メーカー)が開発に乗り出していることから、今回のような下町の町工場がどうこう言うようなレベルではないと各国の選手達からは判断されるのです。
実際、日本チームに採用されることを目指して何回か見てもらっているのですが、ソチオリンピックの時は不採用。そして、今回のボブスレーのそりも、平昌(ピョンチャン)オリンピックに向けて開発されたのですが、日本チームでは不採用となりました。


しかし、捨てる神あれば拾う神あり。今回のボブスレーのそりを採用してくれる国が出てきました。それは、かつて映画「クール・ランニング」で有名になったジャマイカチーム
ジャマイカは夏のオリンピック、特に陸上に強いチームではありますが、冬季オリンピックでも自慢の脚力を生かそうとカルガリーオリンピックからボブスレーを中心に参加しています。特にボブスレーは先述の映画の影響で有名になり、何度も参加するほどになりました一時期資金難で参加が危ぶまれた時も、クラウドファンディングで資金を集め、オリンピック委員会などの援助を経て何とかやって来た経緯もあります。


ジャマイカチームの目標は金メダルだそうですが、まずは日本の技術力の素晴らしさを彼らに実感してもらって、大きく順位を上げられるように下町ボブスレーの製作陣はサポートしてあげるべきでしょうね。そうすれば、金メダルも夢ではないかもしれません。


クール・ランニング [DVD]
クール・ランニング



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52448820

コメントする

名前
 
  絵文字