2016年03月01日

レコゲー2016 3月 決算期スペシャル 据え置き機編①

いよいよ決算期の時期になりました。各メーカーが必死になっていい作品を並べる時期でもありますが、あまりにも出過ぎて目立たない・・・なんてことも。それゆえに、シリーズものでお茶を濁すメーカーも中にはあるわけで。でも、できることなら面白いオリジナル作品をぶつけてほしいと思う今日この頃。


というわけで、決算期の注目作は、毎度おなじみのマルチ展開の作品紹介から。今回はRPGをメインに紹介していこうかと。


最初は、「サモンナイト6 失われた境界たち」(PS4PS Vita)(共に★)
シリーズ6作目で、同シリーズの15周年記念作品。過去の5作品のシリーズに登場する登場人物と一緒に冒険する形になっています。また、これまでと違って、ターン式のRPGにもなっています。
今回は、これまでの舞台であったリィンバウムではない世界で繰り広げられるものの、過去のシリーズを触れているとより面白くなるのではないかと思います。

続いては、「スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-」(PS4PS3)(共に★)
シリーズ5作目にあたる作品で、「スターオーシャンセカンドストーリー」と「スターオーシャン3 Till the End of Time」の間の話になります。
シームレスのフィールドにエンカウントのないリアルタイムバトルになっているので、緊迫感の増したものになっています。さらにアイテムクリエイションや仲間との個別イベント、そしてスキル成長などやり込み要素も多く、飽きの来ないものに仕上がっているようです。
シリーズ経験者にもそうでない人にも同じラインに立って遊べるように配慮されていますけれども、後者の人達が後から他のシリーズ作品を遊びたいと思うような作りになっていくといいですね。

3番目は、「ディビジョン」(PS4XBOX ONE
2013年に死去したトム・クランシーさんが遺した原作をベースに作られたオンライン専用のRPG。バイオテロによるパンデミック(世界的な感染爆発)をきっかけに荒廃した近未来のニューヨークを舞台に繰り広げられます。
3系統のアビリティを中心に成長できるようになっていて、レベル上げが必要なので、戦闘をこなすという足かせはあるものの、攻撃・防御など自由に設定が可能になっています。また武器や防具はカスタマイズが可能なので、こちらも自由な組み合わせが可能になっています。メインシナリオは単独でも最大4人までの協力プレイでも進行可能。またマルチプレイも用意されており、プレイヤー同士の対決も可能。さらには味方への裏切り行為も可能なので、もはやバトルロワイヤルと言ってもいい状態になり、さらなる緊迫感をもたらすことも。
オープンワールドなっているだけでなく、街の中も忠実に再現されており、自由さだけでなくリアルさも体感できます。


次回もマルチ展開の作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:32│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字