2016年03月04日

大和という名が悪いのか、菊の御紋が悪いのか

現在公表稼働中のオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」(PSO2)。現在アニメも放送され、かつ新ステージ東京が公開もされており、今ノリに乗っている感があります。
ところが、そんな事態に水を差しかねない出来事が。
先日発表されたイベントで、第二次世界大戦で日本の戦艦として最強を誇ったとされる大和をモチーフにした敵キャラ(レイドボスという複数のユーザーでプレイする際に登場するボスキャラ)「幻創戦艦・大和」が登場し、それに皇室を意味する菊の御紋(菊花紋章)が付いていたことに一部のネットユーザーが疑問視し、議論・批判する事態になりました。
これに対し、PSO2の酒井智史プロデューサーは、今回の敵キャラは、「日本人にとって時を越えて大きな存在である戦艦大和の姿を借りたもの」として、戦艦大和を使うことに抵抗はなかったことを明かし、さらに「(今回の敵キャラは)あくまで架空のものであり、乗組員もいない。また戦艦大和とは別のもので、戦艦大和そのものを破壊するものでもない」・「戦艦大和には敬意を大切にしている」と述べています。そして、菊花紋章については、使用に関しては法的問題もなく、皇室のものとも細部が違い、ゲーム内ではその部分だけを破壊できるというアクションもないとも語っていたものの、配慮が足りなかったとして、新しい紋章に切り替えられています


今回どうして議論が分かれるものを使うことにしたのか、と。使うのならよく考えた方がいいよね、とも。特に第二次世界大戦のあたりは日本国内でさえも評価が大きく分かれるのですから、捉え方も千差万別ナイーブな部分を抱えているので、もう少し下調べや使うことでどういう影響を受けるかを予測できなかったものかと思います。

菊の御紋に関しては、悪いイメージで使われるのは、日本人にとって耐えがたいものがあるのだと思います。それが顕著に出たんでしょうね。あくまでゲームだから・・・と言えばそれまでですけど、やはり問題がないとは言えないわけで。


ちなみに、菊の御紋を巡る問題は、両口屋是清で販売されている「千なり」が戦前誕生した際、菊の御紋に似た焼き印を入れていたために、軍関係者(憲兵)に無礼とにらまれ、作り直さざるを得なくなった(それが現在まで受け継がれたひょうたん柄。「千なり」という名も、ひょうたん柄になった際に誕生している)経緯があります。今回の経緯とは違うとはいえ、ここまで行き過ぎた見方をされないように気を付けたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52451969

コメントする

名前
 
  絵文字