2016年04月13日

グランパス、白川公園の新スタジアム案を断念

正直、無茶だと思っていたわい。


サッカー・J1の名古屋グランパスは、かねてから建設を計画していた新スタジアム案の一つだった白川公園案を断念すると発表しました。
現在、名古屋グランパスは名古屋市瑞穂区にパロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)と豊田スタジアムを併用する形でホームとしていますが、パロマ瑞穂はアクセス面はそれなりに悪くはないものの、陸上競技場との併用のため見辛い・同じ理由で迫力がない・設備面での不備でJ1ライセンスが下りなくなる可能性があるなど問題を抱えており、豊田スタジアムも名鉄・愛知環状鉄道豊田市駅から徒歩15分と不便・芝の発育が悪い(屋根付きの球場にしたのが原因とされている)などでこちらもファンやサポーターの間では不満が高まっているとされています。

そこで、グランパスは親会社のトヨタ自動車(4/13にトヨタ自動車の子会社化されることが決まった)と協力して新スタジアムの候補を探していたのですけれども、最も最適とされていたのがこの白川公園だったわけです。
しかし、白川公園には名古屋市科学館や名古屋市美術館があり、ましてや都市公園という貴重さや法的な理由で自由に開発ができない土地でもありました。
なお、今回断念した理由として市民やサポーターの理解が得られなかったというのがありましたけれども、ある意味当たってはいるものの、元々それが無くとも通らなかったことは明白だったと思います。だから冒頭の文にも書いた『無茶』が思い浮かんだわけですね。


この他にも、グランパスはいくつかの候補地絵を挙げています。その場所は以下の通り。


  • 名城公園

  • 鶴舞公園

どちらも都市公園として整備されているところ。
メリットとしてはアクセスが抜群(名城公園は地下鉄名城公園駅すぐ、鶴舞公園に至っては地下鉄・JRも近い)にいいところ。しかし、近隣が住宅地に囲まれているばかりでなく、鶴舞公園に至っては学校と病院がそばにあるため、スタジアム建設には不向きとも言え、仮に建設案が提示されても、白川公園の二の舞になるのは明白でしょう。

  • 大高緑地

名古屋市南東部に広がる緑地公園。
住宅地からある程度距離があるため、騒音面での問題はあまり問われないものと思われ。ただ、アクセス面で難があり、最も近い名鉄の左京山駅からでも徒歩15分近くになるのではと。もちろん、JR大高駅・南大高駅からだと、その倍近く掛かるでしょう。

  • 名古屋競馬場

名古屋市南西部にある地方競馬場で、将来的に弥富市郊外に移転する予定があります。
名城公園・鶴舞公園同様、アクセスは抜群(ただし、本数は地下鉄より劣る)で、広い土地が確保できます。
しかし、こちらも住宅街のど真ん中にあり、かつ周辺道路の大渋滞が予想されています
さらに、跡地はアジア大会が開催される場合は住宅地にする予定もあり、そうなると愛知県が黙っていないでしょう。ゆえに、2020年までにという建設ができるのか疑問符もつきます

  • 金城ふ頭

名古屋市最南端にある埋立地の一つ。現在はポートメッセなごややリニア・鉄道館などがあり、フットサルの名古屋オーシャンズの本拠地・テバオーシャンアリーナもここにあります。
アクセスがいいのはもちろんのこと、名古屋オーシャンズとの連携イベントが組めるといった相乗効果も見込めるものの、周囲には再開発計画(レゴランドや大規模展示場などの建設)が持ち上がっており、スペースが確保できるのかが問題になってくるでしょう。


いずれも一長一短が大きく、かつ開発の余地も少ない場所が多く、正直ここは愛知県(行政)におんぶにだっこをして、パロマ瑞穂の改築に協力した方がいいのではないのかなと思っています可動式の席を設けるなどして、陸上競技場との併用の欠点を補う案も出ており、この部分でトヨタが補助金を出すなどしてグランパスのホームとして確立するというふうにしてもいいかもしれません。


ただ、どうしても専スタにこだわるのなら、私が思うにまだ1ヶ所だけあります。それは名古屋港にあるイタリア村の跡地です。
こことガーデンふ頭臨港緑園との再開発でスタジアムと一体となった公園作りをすればいいのではと思います。もちろん、イタリア村跡地の単独再開発でも十分建設できると思います。
海のそばのスタジアムという点では、現在建設中ですけれども、J2・ギラヴァンツ北九州のホームスタジアムがあります。緊急時の対応さえ整えば、十分建設できるはずです。
アクセス面でも地下鉄がありますし、海上に面しているので、中部国際空港から船を出すこともできますし、中川運河を利用して、笹島から船を出すことも可能です。どうしても名駅からの直通にこだわるなら、JR貨物の路線である名古屋港線(東臨港線)を利用して、臨時旅客線として運営することもできるのではないのでしょうか。かつて中日ドラゴンズがナゴヤ球場を本拠地にしていた時には、ナゴヤ球場そばに臨時駅を設けていました。その経験を加味すれば、レールの終点(名古屋港線の名古屋港駅)まで旅客車両を運んで、そこから少し歩くことにはなるものの、徒歩で行くという手段もできるはずです。


もう少し、グランパスは議論に議論を重ねて、スタジアム問題にあたるべきですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:52│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52454776

コメントする

名前
 
  絵文字