2016年04月20日

前震も7、本震も7

4/14と4/16に起こった熊本地震。当初4/14に起こった最大震度7(マグニチュード6.5)の地震が本震だと思われたのですけれども、後(4/16)に起こった最大震度6強(マグニチュード7.3)の地震が本震で、4/14の地震が前震だったことがわかったのは皆様ご存じだと思います。
その本震とされた4/16の地震の最大震度が、実は7だったことがわかり、ますます今回の地震のすさまじさと自身に関する研究はまだまだ進んでいなかったのだと痛感させられることとなりました。


今回最大震度が7に引き上げられた理由は、益城(ましき)町と西原村の地震観測データが送られてこなかったため今回の地震で震度計に不具合があり、送られなかったデータを現地調査し気象庁が解析したところ、今回計測データの送られなかった2町村の震度がこれまでのところより酷かったことがわかったのです。この結果により、益城町では前震と本震が共に震度7だったという想定外の出来事が起こっていたわけです。

なお、益城町には臨時の地震計を設置し、西原村の地震計は電力の復旧により通常運行ができるようになったとのことだそうです。


本震も震度7だったことがわかったことで、今回の被害がすさまじかったことを物語ることになりました。現在地震は小康状態になってきてはいますが、今後も緊急地震速報を伴う大地震の可能性も否定できませんしばらくの間は今回の地震は想定外のことが起こりかねないという気持ちで行動しないといけないでしょう。緊張の糸を張り詰めた状態になるのは辛いでしょうけど、周りの人達と共に手を携えて乗り切っていってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:47│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字