2016年04月23日

東京の放送局が不正アクセスで晒し者に

東京にある関東圏に放送している日本テレビ放送網(日テレ)と同じく東京にあり、東京都内(事実上は関東圏)をエリアとしているFM局のJ-WAVE個人情報が漏えいする騒ぎが起こりました。この騒動で日テレでは43万件、J-WAVEでは64万件ほどが流出。流出をした2局では、今後該当者には注意を促すメールを配信するとともに、日テレでは対象になっていないかの問い合わせを電話も含め受け付けているのだそうです。


今回の漏えいの原因は、日テレはOSに対し不正操作を行う命令文を紛れ込ませるという「OSコマンドインジェクション」によるもの、J-WAVEはモバイルサイトを構築するためのソフトである「ケータイキット for Movable Type」が検知できなかった未知のセキュリティホールが原因と発表しています。双方ともパッチプログラムなど対策を施しており、これ以上の流出は起こらないとしております。


どちらも規模の大小があるとはいえ、関東圏を地盤にしているだけでなく、全国ネットを抱える基幹局としての役割を担っている放送局だけに、今後不可抗力であっても今回のような大規模な流出は防ぐべき事態ですね。
そして、この事態は全国の放送局でも起こりうることだと思った方がいいです。過去にもラジオ関西でガンブラーウイルスの亜種に感染したことがあります。この時は大きな事態にならなかったものの、何かしらの攻撃にさらされていることを自覚するいい事態になったのではないかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:41│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52455395

コメントする

名前
 
  絵文字