2016年05月18日

NHK職員いるところに、事件事故あり?

今日、東武東上線で脱線事故がありました。現在もその影響で一部不通になっているのですけれども、たまたまその電車に乗り合わせていたNHK職員が現場の映像を提供したことで、NHK職員がいると必ず何かしらの事件や事故が起こる、まるで「名探偵コナン」の江戸川コナン達がいる時のようなふうだと話題になっています。
ちなみに、その時の民放での映像は、いわゆるスクープ映像を投稿するアプリからの写真や視聴者から提供された写真を使って報道していたのではと思われます。NHKにもスクープ映像を投稿するアプリは存在するものの、あまりそれを使用しているふうには思えず、むしろ『信頼できるスジ』的な扱いでNHKの職員からの映像を使っているのではないかと買い被りたくなるわけです。

この傾向、大きな事件や事故の時に『威力を発揮』し、ここ数年では笹子トンネル事故・御岳山噴火・新千歳空港の飛行機事故(日本航空機のエンジン出火)などでNHK職員の『スクープ映像』が紹介されています。中には、インタビューまでやってのける職員までいるので、ある意味よく飼い慣らされているとまで感じられるほど(苦笑)。


どうしてここまでNHKがスクープ映像を撮れるのか?不思議に思う方もいらっしゃることでしょう。
ただ、そのタネは意外に単純なもので、人が多いからというもの。要は自然と人海戦術になってしまっているということですね。ちなみに、NHK職員の数は1万人以上全国津々浦々にあることを考えれば納得。対して民放は基本的にネット局との繋がりで成り立っている、またその数もNHKの比ではないので、NHKほどの緻密さがないというのも、もう一つの理由として挙げられることでしょう。


まぁ、国民から受信料と称して税金を取っているのですから、ここまでやって頂かないといかんわね(爆)。


名探偵コナン 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]
名探偵コナン 1巻~最新巻



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:27│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字