2016年05月27日

最後はみつどもえ?

リオデジャネイロオリンピックが8月から始まりますけれども、そんなオリンピックで話題になりそうな選手が。
エストニアの女子マラソンで史上初の三つ子のランナーが全員代表に内定するという珍事が起こりました。もちろん、双子とかは過去に何回もありましたけど、三つ子は100年以上続くオリンピックの歴史の中でなかったのねぇ・・・(汗)。

この三つ子ランナーは、ルイクさんといい、リリー、リーナ、レイラというのだそうです。見た感じでは一卵性双生児ではない・・・のかな(苦笑)。背格好はよく似てますね。プロポーション?言えるか(爆)。
彼女達がすごいのは、長距離走を始めたのが24歳の時(現在30歳)。たった6年でここまできたのですから、その情熱は本物だ・・・と思ってたら、「トリオ・トゥー・リオ」のスローガンを掲げて予選会を戦っていたというのですから、もはや執念に似たものを持っているんでしょうね。絶対出るという意識の持ち方が半端なかったんでしょう。恐らくオリンピックの歴史の中で、三つ子はいないというの知ってたんでしょうね。だからここまでのモチベーションになったのでしょう。


まぁ、昨今アフリカ勢が強いので、メダルという目標はかなり厳しいものになるのかもしれないですが、最後まで残ってメダル争いになったら、まさに三つ巴の戦いになって面白そうではあるんですよね(笑)。あと、この三姉妹には、ゴールで一緒になりそうでも肩は組むなと言ってやりたい(爆)。<失格扱いになる可能性があるんだよね。昔、競歩で一生懸命争ったライバル同士が最後肩を組んでゴールしたもんだから物議を醸したんだよね。


さて、増田明美さんはエストニアに行って調査を開始してくるのかな(ギャハ)?


みつどもえ 【完全生産限定版】 (全7巻) [マーケットプレイス Blu-rayセット]
みつどもえ(全7巻Blu-rayセット)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:40│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字