2016年06月23日

福岡のめんべいから九州のめんべいへ

SHV32_2544先日、物産展に行った時に買ってきたのが、山口油屋福太郎の「鹿児島かつおめんべい」鹿児島県にある南薩地域地場産業振興センターとの共同開発商品で、主に鹿児島県内でのみ販売されているものです。この商品は、枕崎のかつお節を使っているのだそうです。

実は、福太郎はご当地めんべいの開発に積極的で、長崎・沖縄のめんべいや東京スカイツリーで買える東京オリジナルのめんべいもラインナップしております。



味は、最初食べている時は、かつおの風味が強く濃い味になっており、その後徐々に明太子の味わいも広がっていくという時間差攻撃に。辛いのが苦手な人でも美味しいのではないのかなと思います。
ただ、過去に「官兵衛めんべい」を味わっている私には、もしかすると同じような味の作りじゃなかったかね・・・といぶかしがってしまった次第。もちろん、地域の商品を使っていますという点で大きなポイントにはなっているものの、差別化という点でそれ以外にないのは厳しいのかなと。まぁ、美味いからいいんですけどね(ニヤニヤ)。


その次というのが見えれば、もっといい商品になっただけに、そこだけもったいないと感じてなりません。


【鹿児島限定】鹿児島かつおめんべい 2枚入x12袋
【鹿児島限定】鹿児島かつおめんべい 2枚入×12袋



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:19│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52459632

コメントする

名前
 
  絵文字