2016年08月18日

おい、遂に1厘差になったぞ!

11.5ゲーム差まで離されていたのにもかかわらず、遂にタカの姿がはっきりと見えるようになったぞ!


プロ野球、今日(8/18)札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ×オリックスバファローズ、日本ハムの投打が噛み合って6-1と快勝。対して、京セラドーム大阪で行われた福岡ソフトバンクホークス×埼玉西武ライオンズ、初回に西武が先制し、その後ソフトバンクが逆転とシーソーゲームの様相を呈していたものの、6回に西武が再度逆転、8回にダメ押し点を加え、3-6で西武が制しました

この試合で、日本ハムが遂に首位・・・かと思いきや、ソフトバンクが108試合中64勝39敗5分で勝率.621、日本ハムが109試合中67勝41敗1分で勝利.620ソフトバンクがわずかに勝率で上回っているので首位をキープ、しかしながらゲーム差は、日本ハムが勝利数の多い関係で、マイナス(-0.5差)となったのです。
確か以前にもセリーグで起こったような気がしましたけれども、その際はセリーグのルールでは勝利数で上位下位を決めるため、マイナスになっても話題にはなっただけで大きな影響はなかったかと。


今後は、勝ち数よりも負け数や引き分け数に気を配らなければならないので、日本ハムはできるだけ負けない試合をしていかないといけないわけです。つまり、6月~7月の試合展開を再び行わないといけないので、これは結構厳しい(もちろん、ソフトバンクも結構厳しい)。それでも、残り34試合を全力で挑むしかない。苦しい時期だけども、明日(8/19)からのソフトバンクとの直接対決を落とすわけにはいかんのです。なぜなら、3タテをすれば、マジック(29)点灯という『ご褒美』が待っているのですから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:35│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字