2016年08月31日

2016年6月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年6月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、94:6となりました。先月と比べて目減りはしているものの、PC・スマホ・ケータイのユーザー数は激減しているというわけではなさそうです。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約28%(それぞれ約14・11・4)となっていまして、Windows Vista・WinXP・Windows 8・Windowsを加えると約30%(それぞれ約1・約0.8・約0.4%・約0.1)になりました。Windows7がトップなのは変わらないものの、Windows10が比率を大きくしています。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→10→8)が約64%、Chrome(51.0→50.0)が約25%となっています。IEは6割台に伸ばし、Chromeは1/4ほどになったのですが、Firefoxはその煽りを受けてか消滅するハメに・・・。Windows 10は、Edge(13.10586)が約37%、Chrome(51.0→50.0)が約31%、IE(11)が約25%、Firefox(47.0)が約5%となっています。Edge・Chromeが微増、IEは微減、Firefoxはほぼ半減になっています。8.1に関しては、IE(11)が約76%、Chrome(51.0)は12%となりました。こちらでもIEが微減したのに対し、Chromeは微増となっています。
上記以外では、Mac OS Xは約1.7%、Windows Vistaが約1%、Windows XPが約0.8%、X11が約0.7%、Windows 8が0.4%、Windowsが約0.1%となっています。その中でMac OS XはSafari(9.1)のみ、Windows VistaはIE(7.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約65%(Android40%、iPhone23%、iPad2.6%)となっております。先月とほぼ横ばいですけれども、約とはいえAndroidの比率が4割になりました。
AndroidはSafari(4.0)が約30%に対し、Chrome(51.0→50.0→40.0→30.0→33.0→27.0→38.0→34.0)が約63%となっています。Safariは3割に乗せ、Chrome連合はほぼ横ばいになっており、先月と同じく大きな動きはなかったとも。
iPhoneに関してはSafari(9.0→8.0→不明)が約79%となり、これまで比率に乗っていた7.0が消滅。次に来たWebKitは約18%と再び2割を切りました。
なおiPadは、Safari(9.0→8.0のみとなっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約78:13:10(四捨五入をしているため、100%にはならない)となりました。ソフトバンクが2ケタにまで増加したのが特徴的ですね。
auは今回はKC3Y(K005)が約61%、KC4I(GRATINA2(KYY10))が約20%となっています。なお、ドコモ・ソフトバンクは比率が2ケタほどでも詳細データなしになっています。


6月は東海地方限定のランチパック紹介の話、マクドナルドが無料Wi-Fiを導入する話、同じくマックからは愛知県限定で販売する「小倉ソフトホットケーキ」の話、ワンダーコアの偽物を販売していた人が逮捕される話などが目立っていましたね。相変わらず食い物系の話が多いですが(苦笑)、ワンダーコアのような話は思った以上にウケがよかったですわ。


7月は学生が夏休みに入るので、閲覧数が多くなると思います。ホットな話題を届けられるようにしていければと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:17│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52464523

コメントする

名前
URL
 
  絵文字