2016年09月08日

夏の新機種2016 アップル編 2016年のiPhoneはサプライズだらけ

日本時間の9/8に新型iPhoneが発表されました。丁度リオデジャネイロパラリンピックやプレイステーション・ミーティングも行われていたので、この日はイベント尽くしだったとも言える1日でしたね。


さて、今回はiPhoneとiPhone Plusの新型になります。これまでリークされた情報から、今まで以上に進化したiPhone・iPhone Plusになると言われていました。
というのも、iPhoneシリーズの売り上げの伸び悩みがあると言われています。安価な海外端末(サムソン・LG・Huaweiなどの中韓製のスマートフォン)が幅を利かせ、機能面では様々なものが盛り込まれているAndroidに押されているとされています。徐々にiPhone(iOS)も新機能や改良を加えているものの、効果が出ているのは元々よく売れていたアジア圏、中でも日本のみと言われていました。おひざ元のアメリカでさえ、Android端末との比率は五分五分と言われているので、アップルの危機感は相当なものと推測されます。


では、今回の新機種の紹介です。今回の機種もドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアで発売になります。


①iPhone 7
4.7インチRatina HD IPS液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはiOSでプロフェッサはA10 FusionチップとM10モーションコプロセッサを搭載している。Wi-Fi・Wi-Fi Cellularモデルとも32GB・128GB・256GBの3機種(一部カラーは128GB・256GBの2種類)が用意される。
IPX7相当の防水・IP6X相当の防塵機能、FeliCa機能が搭載されている。またイヤホンジャックが廃され、Lightningケーブルとの互換によって聴取するか、専用のワイヤレスイヤホンで聞くことになる。なお、ホームボタンも改良されており、指の圧力で感知するタイプになっている。

個人的感想
大きな改良点といえば、防水・防塵・FeliCa機能であろう。これまでユーザーから散々言われ続けていただけに、この機能を備えたからiPhoneに移ろうないしはガラケーから替えようと思い立つ人もいるのかもしれない。また、FeliCa機能はSuica・クイックペイ・iDだけでなく、アップル独自の決済機能であるアップルペイにも対応予定になっている。イヤホンジャックの廃止は賛否両論あるものの、現状はワイヤレスイヤホンが実質選べないことへの不満が高いようにも。その他カメラ機能は1200万画素CMOSでありながら最大5倍のデジタルズームに対応しているので、カメラ機能の不満も解消されたかもしれない。


②iPhone 7 Plus
5.5インチRatina HD IPS液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはiOSでプロフェッサはA10 FusionチップとM10モーションコプロセッサを搭載している。Wi-Fi・Wi-Fi Cellularモデルとも32GB・128GB・256GBの3機種(一部カラーは128GB・256GBの2種類)が用意される。
IPX7相当の防水・IP6X相当の防塵機能、FeliCa機能が搭載されている。またイヤホンジャックが廃され、Lightningケーブルとの互換によって聴取するか、専用のワイヤレスイヤホンで聞くことになる。なお、ホームボタンも改良されており、指の圧力で感知するタイプになっている。

個人的感想
基本的な機能はiPhone 7とほぼ同じ。唯一の違いはカメラ機能で、最大2倍の光学ズームおよび最大10倍のデジタルズームに切り替わっている点。カメラを使いたい人には、こちらの機種がオススメかもしれない。なお、5色展開で行われ、どの層にも狙えるカラーリングになっている。その中でも黒系統が2種類あるという極めて珍しい構成でもある。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:48│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52465103

コメントする

名前
 
  絵文字